1.「時間」を区切り、話を聞いてもらう

ふたりで過ごす時間を愚痴や弱音だけで費やすとなると、彼が不機嫌になるのも道理。最初に「5分だけグチを言ってもいい?」と訊くなど、ガイドからの提案は実践しやすいものばかり!

出典: もうケンカしない。彼への上手なグチり方 [吉戸三貴の恋愛コラム] All About

2.愚痴るより「甘え」て「癒し」てもらう

彼と直接関わりのない職場の愚痴を延々と話して、ストレスのはけ口とするより、「こんなことがあったから○○君に癒やされたいな」と伝えるほうが、お互いの精神衛生上、絶対にイイ!

出典: 2/3 「モテないメール&つぶやき」ランキング発表! [山口佐知子の恋愛コラム] All About

3.垂れ流しはやめて「本気で相談」する

ダラダラと弱音を垂れ流されるのでは、相手も聞くことしかできず、苦痛に感じます。いっそ本気で相談し、意見を求めてみては? 男性が親身になって考えてくれた実例を紹介します。

出典: 自分が辛いときに頼れる人だと意識するように [恋愛] All About

4.「吐くべき弱音なのか」よく検討する

不満を何から何まで吐き出すのは、自分が楽になりたいだけの甘えでしかないという厳しい指摘! 確かに自分のダメなところばかり見せていては、ふたりで楽しい時間は過ごせません。

出典: 2/3 「飽きられない女」の秘密 [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

5.話す前に必ず「考える」時間を持つ

嫌なことがあるなり、「聞いて!」と言うようでは、自分で考える力は育たないもの。彼からも、幼稚だと見られるかも……。聞いてもらうにしても、まずは自分のなかで整理してから!

出典: 2/2 「ちょっと聞いて!」の一言が大切な心のケアになる訳 [ストレス] All About