コツ1:ベーシックカラー、アソートカラー、アクセントカラーの3色で構成する

ベーシックカラー70%、アソートカラー25%、アクセントカラー5%の割合で、大・中・小の3色に絞ってカラーコーディネートすると、印象的で快適な空間になります。

出典: 快適で美しい部屋のための色彩計画(3) [インテリアコーディネート] All About

コツ2:重く見える色を下に使う

色には暗く重く見える色と、明るく軽く見える色があります。重く見える色を床面に近い場所に用いることで、安定感のある落ち着いた部屋になります。

出典: 寝室に赤は○or×?色には不思議な力がある [インテリアコーディネート] All About

コツ3:色による大きさの感じ方の違いを利用する

明るい色は広がって見えやすく、暗い色は引き締まって見えるという特徴があります。白いソファは、実際の大きさより大きく見えやすいので、狭い部屋に置くと圧迫感を与えることがあります。

出典: 2/2 寝室に赤は○or×?色には不思議な力がある [インテリアコーディネート] All About

コツ4:色の対比を利用して、アクセントをつける

暗い色のモノの前に、明るい色のモノを置くと、引き立って見えます。

出典: インテリア色選びで失敗しないためのルール [インテリアコーディネート] All About

コツ5:補色を利用して鮮やかに魅せる

緑と赤のように、色相環の反対側に位置する補色を組み合わせると、互いの色が協調され、鮮やかに見えます。

出典: インテリア色選びで失敗しないためのルール [インテリアコーディネート] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項