1:財布の紐はどっちが握る?

「妻が管理、夫小遣い制」だけじゃない4つの管理方法

管理の方法を「妻が管理、夫が小遣い制」「夫が管理、妻が小遣い制」「夫婦で費目ごとに分担」「夫婦で共有口座を作る」の4パターンにわけて、メリットとデメリットを紹介。どのパターンでもデメリットは存在するので、最も夫婦がやりやすく貯まりやすい方法を、仲良く話し合うことが一番大切なことでしょう。

出典: 妻が管理?夫が管理?結婚後の家計管理 [結婚のお金] All About

夫婦平等にお金を使う環境を作れる管理方法も

結婚するからにはずっと仲良くいたいもの。「秘密なんて持たない!」というカップルに向いているのが、夫婦で収入をすべて合算してしまう方法。その中からそれぞれおこづかいをもらい、残りで生活するというスタイルです。

出典: 2/2 夫婦で収入を合算して貯金しよう [お金を貯める体質改善ノート] All About

夫婦で稼いだお金は、誰のもの?

結婚した後、自分で稼いだお金を家計に入れると思うと、なんとなくブルーな気持ちになる方は少なくないと思います。いくら愛情があって結婚したとしても、確認しておきたいのは「自分の稼いだお金は誰のものか」ということ。今後手に入れていく住宅や家財などの資産についても、きちんとすり合わせておきたいですね。

出典: 結婚その前に、夫婦の財産どうする? [ふたりで学ぶマネー術] All About

2:お互いの年収や貯蓄額を確認する

結婚準備の話し合い時が貯蓄額チェックのチャンス

結婚式や披露宴、新婚旅行、新居、新生活……とたくさんのお金が必要となる結婚イベント。1人あたり300万円あると安心だそう。2人で力を合わせてこのイベントを乗り切るためにも、独身時代の貯蓄額はお互いオープンにしたいもの。貯蓄額に合わせて結婚式や旅行などの内容を話し合いましょう。

出典: 結婚前までに貯金はいくらあるのがいい? [結婚のお金] All About

あまりに収入に格差があるとこんなトラブルも

「お金の有無なんて関係ない」と思って結婚したとしても、収入に格差があるとやっぱり不安なもの。収入格差婚にありがちな5つのトラブルと予防策が紹介されています。

出典: 収入格差婚にありがちな5つのトラブル [結婚のお金] All About

3:金銭感覚や浪費癖など「お金の使い方」を確認

部屋の片付けが苦手な人は借金しがち!?

借金癖のある人と結婚したい人はいないでしょう。「彼はギャンブルはやらないから大丈夫」と思う方、要注意です。借金をするつもりではなかったのに、結果、借金せざるを得なくなる生活習慣の人もいるのです。

出典: 何気ない生活習慣を診断!浪費で借金しやすい人 [お金を借りる] All About

金銭感覚があまりに違うカップルは要注意

結婚すると、それまで知らなかった相手のお金の使い方にビックリすることも多いです。最悪、借金を繰り返す浪費癖のある相手だと、離婚につながることも……。結婚前に念入りにチェックして、お金についてもオープンに話せる環境を作っておくと良いでしょう。

出典: 恋愛中に知っておきたい 相手の金銭感覚 [家計簿・家計管理] All About

4:結婚後も働き続ける?お互いの希望を確認

結婚したら共働きがいい?専業主婦がいい(になって欲しい?)

結婚後に共働きか専業主婦のどちらを選ぶか。どちらにもメリットとデメリットがありますが、お金の面を考えてみると、断然「共働き」が有利です。

出典: 2/2 結婚したら共働き、専業主婦どちらを選ぶ? [結婚のお金] All About

女性の働き方によって家計で注意すべきポイントは異なる

結婚という大きなイベントを迎え、多くの女性は、今後のキャリアプラン(働き方)を考えます。働き続けるか、パートにするか、専業主婦になるかで、家計管理のポイントも変わってきます。出産後のプランについてもあわせて話し合っておきたいですね。

出典: 働く妻と専業主婦。家計のポイントは? [仕事・給与] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項