組織として理研の何が問題なのか。マネジメントの観点から整理してみましょう。

1.「責任」はいったい誰のもの?

組織の拡大に伴う分権管理を考えるとき、「責任」と「権限」のバランスをとることが健全な組織運営には不可欠です。今、STAP細胞で話題を集めている理研を例にとりながら解説。マネジメントから問題の本質が見えてきます。

出典: 理研にみる分権管理「責任」「権限」バランスの重要性 [マネジメント] All About

組織のリスクは早めに察知しましょう。

2.こんな部下がいたら危険信号!

部下の顔つきや動きがなんとなくいつもと違う。小さな変化に気づくことが組織をマネジメントするうえで大切です。

出典: 部下の顔つき、動きがおかしいと感じたらチェック! [コーチング] All About

リーダーに求められる能力とはなんでしょうか。

3.肩書きだけのリーダーにならないために

リーダーであろうとフォロワーであろうと、チームやチームの他のメンバーを「引っ張る」ことをリーダーシップ、「支える」ことをフォロワーシップ。そして今こそ、すべての組織にフォロワーシップが求められています。

出典: リーダーにこそ、フォロワーシップが重要な理由 [リーダーシップ] All About

組織の基盤は信頼関係。ではどうやって築けばいいの?

4.共同で仕事をするときに大切なもの

組織を作り上げていくうえで大切な「信頼関係」。そのポイントを紹介します。

出典: 信頼関係のつくりかたもタイプによって異なる?! [コーチング] All About

社内ネットワークを構築し、情報共有することも大切です。

5.私は知らなかった…とはならないように

業務推進のため、日頃から社内ネットワークを築くことが大事です。組織の全体のパフォーマンスを上げるためにも、戦略的なネットワークの構築が必要です。

出典: 組織力を強化する社内ネットワークの作り方 [コーチング] All About