1.お金は使い道で性格が変わる

同じ1万円でも何に使ったか、どう使ったかでその価値は大きく変わります。意味のある使い道なら、将来、何倍にもなって返ってくるはずです。

財布の中のお金の使い道は、3つに分類しよう

財布から出ていくお金には「消費」「投資」「浪費」の3つの性格があります。出ていくお金がどれにあたるか認識して、浪費を減らし、投資を増やしていけば、お金は貯まります。お金の使い方を知っている人は、お金に恵まれるのです。

出典: 【法則3】財布の中のお金の使い道は、3つに分類しよう [お金を呼ぶ財布 8の法則] All About

2.基本は日々の生活習慣

お金を貯めたいと思ったら、自分で決めたルールを確実に実行することが大切です。初心者は、使いすぎない財布で計画的なお金の使い方を習慣にしましょう。

お金を使い過ぎない財布の使い方

企業は、いかにお金を使ってもらうかが重要です。それに対し、我々消費者は企業の思惑に影響されないお金の使い方をすることが重要です。

出典: (2/3) お金を使い過ぎない財布の使い方 | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

3.節約もストレスが少なければ続けられる

節約は意識しすぎると続きません。ダイエットと同じ、リバウンドしないようにストレスの少ない方法を見つけることが大切です。

節約のポイントは「絞る」より「メリハリ」

お金の使い方は絞るばかりではありません。大事なのはむしろ絞り続けることではなく、メリハリをつけることです。

出典: 2/2 節約のポイントは「絞る」より「メリハリ」 [賢く生きる3分間マネーハック] All About

4.臨時収入をどう使うかが分かれ道

ボーナスや残業代、プチ稼ぎをした副収入など、毎月の定額収入を上回ったお金をどう使うかによって、将来のマネーライフに大きな差が出ます。

余ったボーナス、使い方次第で運命が変わる!

余ったボーナス、使い切るのはダメですよ。とはいっても、貯蓄するのも損をした気分。どのように考えたら、貯蓄にまわせるのか。そもそも、どうして貯蓄をしたほうがいいのかをご紹介します。

出典: 余ったボーナス、使い方次第で運命が変わる! [家計簿・家計管理] All About

5.使うべき時に使わなくては意味がない

貯めることに執着し過ぎて、お金を使えなくなる人がいます。お金はあくまで有意義な人生のサポーター。お金を貯めることが目標になってはいけません。

不安でお金が使えない人の家計管理

お買い物は楽しいはず。それなのに、中には「こんなにお金を使ってしまった」と落ち込む人もいます。特に最近は、不安でお金が使えず貯めるだけの人も増えています。安心してお金が使える家計管理を学びましょう。

出典: 不安でお金が使えない人の家計管理 [家計簿・家計管理] All About