1.気になる彼を「理想の男性」と思い込み、ひとりで盛り上がる

出会ったばかりの彼に対する妄想がふくらみ、勝手に理想の男性像に仕立て上げる。そしてリアルな彼を知って失望し、恋が終わる……。そんな妄想に陥りやすいか否かのチェックリスト付き。

出典: 恋がうまくいかない「前のめり子」の特徴と抜け出し方 [桜井結衣の恋愛コラム] All About

2.「男性がリードすべき」という考えに縛られ、すべて相手任せに

今や、恋愛は男性のみがリードするものではありません! いつまでも待っていたら、どんな美人でも恋愛のチャンスはごくわずか。キッカケなんてどちらからでもいいのです。

出典: 男女が出会っても、恋に発展しない理由 [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

3.「理想の相手、シチュエーション」でないとスルーしてしまう

リアルな恋から遠ざかり、「恋愛とはこういうもの」と妄想ばかりしていると、チャンスが訪れても対応できません。理想の相手やシチュエーションでなくても乗っかってみるタフさを取り戻そう!

出典: 2/3 時間も気持ちも、仕分け下手は恋ができない [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

4.気持ちに妄想が上塗りされて「熱しやすく冷めやすい」傾向に

夢見がちな人が恋に落ちると、ただでさえ楽しい恋愛初期のキラキラ感が妄想で補強され、一気に盛り上がります。これは裏返すと、何かのきっかけでテンションが急行下しやすいということ。

出典: 良い恋愛・結婚につながる“距離感”とは? [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

5.浮気に対する疑念が妄想となり、「嫉妬」をエスカレートさせる

ちょっとした疑念から「浮気をしているにちがいない」と思い込み、現実ではなくその妄想によって嫉妬を増幅させていく……。あまりに極端な場合は、心身の疾患を心配したほうがいいことも。

出典: 度の過ぎる嫉妬心にはご用心 [統合失調症] All About