1.他人と会うのを禁じ、行動を制限することで「支配」する

「他の男には会うな」「女友だちもダメだ」「俺以外は見るな」……これは愛ゆえの言葉ではなく、一方的な支配欲の現れ。あなたの行動や交友関係への過度な干渉も束縛も、れっきとしたDVです。

出典: 2/3 「ニセモノ恋愛」でストレスを増やすなっ! [ストレス] All About

2.身体的な暴力はないけど、荒々しい「言葉」で脅して傷つける

大声で怒鳴ったり、命令口調で物を言ったり、知人や公衆の面前であなたのことを馬鹿にしたり……。これらはすべて精神的な暴力に相当し、刑法上の傷害罪に当たる場合もあります。

出典: 言葉の暴力、強引なセックス……DV相談・対処法 [ストレス] All About

3.恋人同士でも「合意のない性交渉」は×! それはレイプです。

恋人ならセックスをするのは当然……ではありません。お互いの合意がなく、一方的に性行為を強要されるのはただの暴力行為。避妊をしないのもアウト! 「デートレイプ」と言われることも。

出典: DV恋愛からきっぱりサヨナラするために! [久野浩司の恋愛コラム] All About

4.お金を勝手に使う、貢がせるなど「経済的」な損失を与える

経済的なダメージを与えるのも暴力とみなされます。貯金を勝手に引き落とす、無理矢理お金を払わされる、高価なものを貢がされる……。困窮して借金に手を出す前に、早く目を覚まして!

出典: どうやめさせる? 恋人のデートDV…事例と対策法 [ストレス] All About

5.「もうしない」と謝っても、身体的、精神的なDVは終わらない

取り憑かれたかのように暴力を振るったり束縛したり……かと思えば、「自分が悪かった」と反省し、「もうしない」と誓うのは、DVの典型的なパターン。しばらくすると、暴力が再開します。

出典: 2/3 パートナー選びは要注意!?DV度チェック [永瀬久嗣の恋愛コラム] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項