1.一度は恋人としてふたりで過ごした「元カレ」

かつて恋人関係にあった相手なら、互いのいいところも悪いところもすべてを知り尽くしています。年月を経て成長したふたりだからこそ築ける、新しい関係。ガイドが考える、復縁の条件とは?

出典: 2/2 復縁できるカップルの法則 [島田佳奈の恋愛コラム] All About

2.会社で日々顔を合わせ、共通点も多い「同僚」

一日の大半を過ごす会社。一緒に働く同僚とは非常に多くのものを共有しています。だからこそ、ときにプライベートでつき合う人以上に、その本質が見えることも。結婚相手としては最適かも!?

出典: 「社内結婚」は本人にも会社にもメリットがいっぱい! | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

3.飾らない気持ちで気楽に会える「男友だち」

愚痴を聞いてもらったり、相談に乗ってもらったり……。頼り合い、甘え合える気楽な男友だちは、飾らずにつき合うことのできる貴重な相手。友だちモードから恋愛モードへ切り替えてみては?

出典: 2/3 仲の良い友達から、恋人に発展することはできるか? [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

4.青春時代を同じ学び舎で過ごした「同級生」

学生時代、お互いに知ってはいても、ちゃんと話したことはなかった人、いますよね。あらためて交流すると、「素敵な人だった」と気づくケースが多いというガイドの指摘。同窓会には必ず出席を!

出典: アラフォー結婚 “9つの条件” [潮凪洋介の恋愛コラム] All About

5.バックグラウンドが共通する「同郷の男性」

都会に出てきている人が注目すべきは、同郷の男性。バックグラウンドが同じだと、心の距離が一気に縮まるうえ、共通の話題もたくさん。交際することになれば、一緒に帰省できるというメリットも!

出典: 2/2 【恋愛・出会い編】狙った相手に確実に響く会話術 [石田陽子の恋愛コラム] All About