1.「頼る」=「あなたを必要としている」という姿勢であると心得る

責任感の強い人は、つい何でも自分で頑張らなくちゃと抱え込みがち。でも、誰だって誰かに必要とされるのはうれしいことです。あなたの甘える姿勢を、恋人は素直に喜んでくれるはずですよ。

出典: 恋に必要な2つの「強さ」を身につける方法 [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About

2.「忙しいのにごめん」と、相手の事情に配慮する

男性は頼られるのが好きだからといっても、ちゃんと相手のことも配慮してあげるのが大人。「恋人なんだからワガママ聞いて当たり前」という態度でいられると、可愛げも感じられませんよ。

出典: 2/2 男が喜ぶ女の甘え方、ウザイと思う甘え方 [西郷理恵子の恋愛コラム] All About

3.自立はしつつ、プライベートでは弱さや甘えを隠さない

仕事ができる女性ほど「自立心」が強すぎて、誰かに頼ることができなくなってしまいがちです。女性が自立していることは良いことなのだが、プライベートでは「女子っぽさ」を忘れないように。

出典: 恋愛を招く「女の子らしさ」の育み方 [アラサー女子向け恋愛コラム集] All About

4.相手の年齢や、自分の年齢は気にしない

相手が年下だったり、自分がそこそこ「いい歳だな」と感じている人は、なかなか甘えにくいかもしれません。しかし、だからといって格好つけたり、拗ねたりするのは得策ではありません。自分の気持ちに素直に従いましょう。格好悪くなんてありませんよ。

出典: 年下男子との恋、7つのタブー【おつきあい編】 [藤嶋ひじりの恋愛コラム] All About

5.相手が「受け止められる範囲」の中で甘える

自分が甘えたいときに甘えるのではなく、相手がそれに応えられる状態のときに甘えられるのが「甘え上手」。相手に余裕がありそうか確認して甘えて、それに応えてくれた時にはうんと褒めてあげるようにしましょう。

出典: 2/5 あなたは“甘え上手”? [ひかりの恋愛コラム] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項