品格が表れるのは、外からの見た目!

外まわりがきれいに収まると建物に風格や品が演出され、家の表情がかもしだされます。エクステリアデザインはそこに住む人の考え方や人柄も出るものです。自分の家が街の財産になるような心がけは必ず室内においても生活の質を向上させてくれます。

リンク: 2/2 住宅の質を向上させるもの [注文住宅] All About

人は、40歳をすぎると性格が顔に出てくる、と聞いたことがありますが、家も、住む人(建てる人)性格が表れる、ということです。

こんなに印象が違う!

一戸建ての塀、フェンス、生垣……16の実例

家を囲う塀やフェンス、生垣は、高さや素材、どのくらい中が見えるかで、イメージが大きく変わります。高いブロック塀で中が全く見えない家は、どんな印象でしょう。逆に、背の低い網状のフェンスのときは…?16個の実例から、その印象を感じ取ってみてください。

出典: 一戸建ての塀、フェンス、生垣 [不動産売買の法律・制度] All About

どうやったら品格が高い印象になる?

昔からあるブロック塀をウッドフェンスに変えてみる

無骨で味のあるブロック塀もいいですが、町並みに溶け込みやすいウッドフェンスにすると、印象も大きく変わるはず。老朽化してボロボロになってきているなら、なおさらです。

出典: ブロック塀を安全なウッドフェンスにリフォーム [エクステリア] All About

スタイリッシュなフェンスを選ぶ

最近の家に多いフェンス。素材やデザインのバリエーションが豊富で、スタイリッシュにもレトロにも変身できます。

出典: フェンス選びの基礎知識 [エクステリア] All About

“成長していく”生垣を選ぶ

生垣も、葉の色や密度など、バリエーション豊富です。それ以上に注目したいのが、生垣は“育っていく”ということ。お手入れが必要ですが、人の心を感じます。

出典: 生垣の種類と作り方 高さ・樹木(樹種)・植栽の基本 [エクステリア] All About

自分で生垣をつくってみる

生垣は、自分でつくることができます。植栽は計画的に。

出典: 生垣の作り方 [植木・庭木] All About

囲いをつくらない、という選択も

最近増えてきているのが、囲いを作らず、オープンにしている家。開放的なイメージに憧る方は、必見!

出典: オープン外構 [不動産売買の法律・制度] All About