1.「SNS」で彼の行動や発言をチェックするのが日課となっている

気になる人のSNSにアクセスしていませんか? 日々の出来事や感じたことを書き込めるSNS。それだけに、行動をチェックするには持ってこいですが、日課となっているなら、それは行き過ぎです。

出典: 束縛は愛じゃない!恋人への執着を手放すには [島田佳奈の恋愛コラム] All About

2.交際しているわけでもないのに、「メールを送る」回数が多い

メールはカップル間のコミュニケーションにおいては重要ですが、交際前から用事もないのに何回もメールを送ったり、その返信がないか頻繁にチェックしたりするのは、ストーカー化のサインです。

出典: 3/4 積極的とストーカーの境界線 [潮凪洋介の恋愛コラム] All About

3.恋の悩みを友だちに「相談しない」から、自分を客観視できない

盲目的な恋をしているときは、自分自身を客観視できません。友だちなど第三者に相談し、厳しいことでも率直に言ってもらえればいいのですが、ひとりで悩み、思い込みを深めていく傾向があります。

出典: ストーカー加害者にならないために [メンタルヘルス] All About

4.彼の「お断り」の台詞を都合よく解釈して、拒絶に気づけない

同僚など人間関係に気を遣わなければならない間柄だったり、やさしい男性だったりすると、女性からの好意をズバッと拒否はしないもの。やんわりとしたお断りの台詞を、ここで確認しておきましょう。

出典: 4/4 積極的とストーカーの境界線 [潮凪洋介の恋愛コラム] All About

5.「私は悪くない」が口グセ。被害者意識の強さから迷惑行為に…

ストーカーになりやすいのは、自己中心的で被害者意識が強い性格。トラブルが起きると「自分は悪くない」と思う人は、注意したほうがいいでしょう。束縛と愛情の区別が曖昧になる人も気をつけて。

出典: 2/2 女ストーカー、男を震え上がらせる [ストーカーの対策] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項