All About横浜ガイドが食べた、ラー博・支那そばやのラーメン

鶏がらと魚介系「ダブルスープ」がたまらない「醤油らぁ麺」

佐野さんが開発したスープ専用地鶏「山水地鶏」をはじめ、全国を歩き回って探した厳選素材30種類以上を使ったスープが絶品。佐野さんが提唱する「スープ・麺・具材の三位一体」が存分に楽しめる、基本のラーメン。

出典: 佐野 実氏の醤油ラーメンを食べにラー博へ - ヨコ・カマ ウォッチャー

2杯目にピッタリ! 支那そばや「ミニ塩らぁ麺」

山水地鶏をベースにしたスープ、「醤油らぁ麺」よりも細い自家製麺、長崎県五島灘の塩を使った「塩らぁ麺」。具材は柔らかなチャーシューとメンマ、青菜、ネギ、ニンニクチップ。2杯目でもするすると入っていきます。ちなみに、私がラー博で一番多く食べているのがこの「ミニ塩」。

出典: ラー博 支那そばやの「ミニ塩らぁ麺」をいただく - ヨコ・カマ ウォッチャー

食材の鬼がつくる「佐野実の横浜サンマーメン」

「食材の鬼」とも呼ばれた佐野さん。幼少期から好きだったサンマーメンを、支那そばや開店25年間の感謝を込めて「横浜に恩返しがしたい」と厳選食材で完成させました。「佐野実の横浜サンマーメン」、一度は食べていただきたい!

出典: 食材の鬼・佐野 実氏が作る「横浜サンマーメン」 - ヨコ・カマ ウォッチャー

太麺+香りにこだわった「限定味噌らぁ麺」

2010年、明星のカップラーメンの販売を記念した、限定味噌らぁ麺。味噌ラーメンの常識を覆す、すっきりとした味わいでした。香りにこだわり、焙煎味噌・焙煎山椒・焙煎七味唐辛子を使用。支那そばやでは珍しい太麺もインパクトがありました。※販売は終了

出典: ラー博:つけめん頑者&佐野実厳選食材シリーズ - ヨコ・カマ ウォッチャー

1000円以上のラーメンでも納得!「佐野実厳選食材シリーズ」

期間限定で行われた「佐野実厳選食材シリーズ」。「金華豚特上チャーシューメン(1550円)」と「梅山豚特上チャーシューメン・塩(1650円)」は、感動の味わいでした。※価格は当時

出典: ラー博:佐野実厳選食材シリーズに感動しまくり - ヨコ・カマ ウォッチャー

ごはんメニューも絶品! ねこまんま+禁断のたまごかけごはん

ラー博の支那そばやは、ごはんものも絶品。「厳選食材シリーズ」のねこまんま+禁断のたまごかけごはんは最強の組み合わせでした。現在は、烏骨鶏卵かけごはん、名古屋コーチン卵かけごはん、鮭節ごはんが定番メニューになっています。

出典: ラー博で期間限定店「麺翁 百福亭」オープン - ヨコ・カマ ウォッチャー

「佐野実厳選食材シリーズ」は、デザートにもハマりました!

期間限定の「佐野実厳選食材シリーズ」は、デザートもあって、ハマりました。「食後に食べる大人のプリン」「豆乳抹茶プリン」「砂糖を使わない杏仁プリン」「砂糖を使わない濃厚かぼちゃプリン」(画像)などなど、どれもラーメン店のサイドメニューとは思えない逸品でした。※販売は終了

出典: 卒業直前! 井出商店に「早すし」がカムバック! - ヨコ・カマ ウォッチャー

佐野実氏プロデュース、青森の食材にこだわった『八戸麺道 大陸』

新横浜ラーメン博物館「新ご当地ラーメン創生計画」第二段(2002年)として登場した『八戸麺道 大陸』。佐野さんがプロデュースした、青森の食材にこだわったラーメンでした。※出店期間は終了

出典: 2/2 新しくて懐かしい・八戸ラーメン [横浜の観光・旅行] All About

横浜ガイドが初めて食べた、ラー博・支那そばやのラーメン

2001年、ラー博で初めて食べた支那そばやのラーメンは、自家製麺にこだわった、絹腰和伊麺(きぬごしわいめん)と黒小麦麺(くろこむぎめん)の2種類。これまで食べたことがないラーメン(というか麺)に驚きました。当時、ガラス越しに製麺する佐野さんの姿を見ることができました。

出典: 食材の鬼・佐野実氏の麺を食す [横浜の観光・旅行] All About

All Aboutラーメンガイド 大崎さんの支那そばや記事もアツイ!

次元の違うラーメン!? 「1杯3000円」の禁断のラーメン(2001年)

ラーメン界の“食材の鬼”と呼ばれる「支那そばや」店主の佐野実氏が、今考え得る最高の食材を集めて作った究極のラーメン。ラーメンの価格の壁に挑む禁断のラーメンをここに紹介。

出典: 一杯三千円、禁断のラーメン [ラーメン] All About

化学調味料は一切使用していない、お土産ラーメン(2005年)

当時では珍しい、「麺・タレ・ダシ」の組み合わせで販売された支那そばやのお土産ラーメン。現在はパッケージが変わり、ラー博1階のミュージアムショップと通販で販売されています。

出典: お土産(通販)ラーメンも実に旨い!(1) [ラーメン] All About

業界初となる「石臼挽き麺」を使ったラーメン(2001年)

「21世紀の麺シリーズ」第3弾として発表した、石臼挽き麺。ラーメンの麺としては業界初の試みとなる、石臼で挽いた小麦粉を使ったのが大きな特徴。香り・旨味・歯ごたえの三拍子揃った麺の美味しさを追求したラーメン。

出典: 21世紀の麺シリーズ第3弾「支那そばや」が開発 業界初「石臼挽き麺」登場! [ラーメン] All About

“佐野流”で集めた青森・八戸周辺の食材を使用したラーメン(2002年)

新横浜ラーメン博物館の新ご当地創生計画第2弾「八戸麺道 大陸」が2002年3月にオープン。「支那そばや」の佐野実氏プロデュースによるラーメン。自分で足を運び、生産者と直接話をして、自分の目で見て判断する。“佐野流”で集めた青森・八戸周辺の食材を使用。

出典: ラ博の新ご当地創生計画第2弾スタート ラ博の新店「大陸」オープン! [ラーメン] All About