第5位 「喧嘩するほど仲がいい」では済まない!?

お金のことが原因で夫婦喧嘩になることは、決してめずらしくありません。しかし、本当に問題視すべきは、その逆の影響。つまり、夫婦喧嘩が絶えないと、お金の問題は解決しないということです。相手の気持ちが考えられず、冷静な会話もなければ、とても健全な家計はつくれません。そこで、まずは夫婦喧嘩の原因をよく見つめ、その対処法を実践していただきたいのです。

必見!夫婦喧嘩の原因ベスト10

たまにする夫婦ゲンカは円満な夫婦関係の構築にプラスになる部分もありますが、頻繁に起きる夫婦喧嘩は、夫婦間に危険信号を灯します。不要なけんかをさけるためには、夫婦喧嘩がどんな理由で起きるかを知っておくことが効果的。そこで今回は夫婦喧嘩の原因ベスト10を紹介します。

出典: 必見!夫婦喧嘩の原因ベスト10 [夫婦関係] All About

第4位 日本全国、沸々とたぎる不満の根源とは

夫婦における、お金に対する「不満の火種」はいたるところに存在しますが、夫にとっては妻から手渡される「こづかい」がそのひとつ。消費税アップで実質減額を強いられているケースが多い中、放置したままでは済まない問題になりつつあります。何かのキッカケでそれが暴発する(例/職場で「なぜ、こんだけなんだあー」と叫ぶ)前に、しっかり対処しておきたいものです。

消費増税で夫のこづかいは上げるべき? 下げるべき?

夫が唯一自由に使えるお金「こづかい」。それが今、今世紀最大の危機に直面しています。消費税アップに合わせて上げるのか、下げるのか。家計維持と自分の安らぎの板挟みの中、どう対処していけばいいのか、こづかいの実情を見つつ、探っていきましょう。

出典: 消費増税で夫のこづかいは上げるべき? 下げるべき? [家計簿・家計管理] All About

第3位 戸籍上は夫婦でも、財産は他人

収入は単にその金額だけでなく、夫婦共働きの場合、その選別には難しい問題がはらんでいます。どの支出をどちらの収入でまかなっていくのか、貯蓄はどちらがするのか……。収入は財産。たとえ夫婦でも、うやむやにしてしまっては、やがて大きなトラブルになりかねません。そうなる前にしっかり「決めていく」ことが重要です。

夫の稼ぎは2人のもの、妻の稼ぎは妻のもの!?

夫婦それぞれが稼いだお金は、自分のもの?それとも2人のもの? 夫婦の収入パターンや夫と妻によって、意識差があることが明らかになりました。夫婦円満に家計管理の方法を決める前に、夫婦の微妙な考え方の違いを知っておきましょう。

出典: 夫の稼ぎは2人のもの、妻の稼ぎは妻のもの!? [ふたりで学ぶマネー術] All About

第2位 家計管理こそが「愛の架け橋」に

お互いに納得する形で、きっちりと家計管理がされていれば、お金に関して夫婦が揉めることはそうないはずです。夫婦の家計管理は、一人暮らしのときの「自由さ」がないため難しさもありますが、それもきっちりポイントさえ抑えれば、決して不可能ではありません。管理は夫婦どちらかがいいのかをテーマに、その方法をわかりやすく解説しています。

妻が管理?夫が管理?結婚後の家計管理

結婚後、どのように家計管理をしていくのかはとても重要。担当するのは夫か妻か、小遣い制か夫婦で財布を別にするか……。家計管理の主なパターンと、各方法のメリット・デメリット、注意点を解説します。

出典: 妻が管理?夫が管理?結婚後の家計管理 [結婚のお金] All About

第1位 相手を呪う前に話し合おう

夫婦はただ口を閉ざし、「なぜ、わかってくれないんだ(くれないの)」と相手への不満だけが渦巻く、午前1時のダイニング。怖いですねえ。しかし、残念ながら、もう目と目でわかり合える季節は終わりました。相手の考えを知り、自分の気持ちを伝えるめに、じっくりと話し合う。それこそが、夫婦で家計のトラブルを乗り越える最善な方法なのです。

夫との会話で持続可能な家計を目指そう! [ふたりで学ぶマネー術] All About

生活トレンド研究所が行った「一般生活者の景況感と家計」に関するアンケート調査によると、半数以上の女性が定期的な貯蓄を行っている一方で、家計の現状を把握できていない、マネープランを夫婦で話し合わない人も多いことが分かりました。今回は、調査結果を紹介しながら、夫と家計について話し合うコミュニケーション術についてご紹介します。

出典: 夫との会話で持続可能な家計を目指そう! [ふたりで学ぶマネー術] All About