1. 絶対王政の象徴、ベルサイユ宮殿

絶対主義王政の時代、太陽王ルイ14世によって完成されたベルサイユ宮殿は、フランスの歴史の重要な文化財。年間400万人が訪れるフランスを代表する観光スポットです。

出典: ベルサイユ宮殿 [パリ] All About

2.人気NO.1!モンサンミッシェル

パリと双璧をなすフランスの随一の観光地、モンサンミッシェル。その美しい姿はもちろんのこと、ドラマチックな歴史や類稀なる地形的特徴など興味が尽きることはなく、とにかく一度は訪れてみたい世界遺産です。

出典: モンサンミッシェル [フランス] All About

3.中世の町プロヴァン

パリから電車に乗って約1時間で行ける世界遺産の町、プロヴァン。中世の名残がある古い街並が魅力です。

出典: パリから中世の町プロヴァンへ・旧市街編 [フランス] All About

4.大聖堂と旧市街の町シャルトル

パリから在来線に乗って1時間ほどで行けるシャルトルは、サントル・ヴァル・ド・ロワール地方の小さな町。世界遺産である大聖堂と古い街並みが見所となっています。

出典: シャルトル [フランス] All About

5.モネの庭を見にジヴェルニーへ

膨大な浮世絵コレクションで溢れる家、季節の花が咲き乱れる庭園、そして睡蓮が浮かぶ池。モネの絵画の世界が広がるジヴェルニーへ。

出典: 池、睡蓮、終の棲家ジヴェルニー モネの足跡をたどる(その3) [フランス] All About

6.ゴッホ終焉の地オーベル・シュル・オワーズ

ゴッホが最期に過ごしたオーベルでは、彼が過ごした家、作品のモチーフになった教会や景色が今でも残っています。

出典: ゴッホ終焉の地 オーベル・シュル・オワーズ [フランス] All About

7.オルセー美術館で見られる絵画の町や村

ミレーを代表とする自然の中での農民の姿を描いたバルビゾン派のアトリエや美術館がある村バルビゾンや、シスレーが愛し大麦糖飴の生産で知られるモレ・シュル・ロワンなど印象派にゆかりのある小さい町や村を訪ねてみませんか。

出典: 5/5 イルドフランス(パリとパリ近郊) [パリ] All About