3.互いに「同じテンション」で愛情表現し合えるパートナーを選ぶ

力いっぱいの愛情表現が全面的にダメというわけではありません。パートナーがそれを好む男性であれば、ノープロブレム。同じテンションで愛情表現をし合える人か否かを、つき合う前に確認しましょう。

出典: 2/2 幸せになるカギは愛情表現レベルが同じ相手を選ぶこと [桜井結衣の恋愛コラム] All About

1.「手作りプレゼント」で愛情表現は、相手の負担になりかねない

相手のことを想いながら手を動かす……。お菓子や衣類などの手作りプレゼントは、作る本人は愛情をたっぷり表現できるし、がんばった自分に酔えますが、もらう側が同じ気持ちとは限りません。

出典: どこからが重い女? 愛情表現のさじ加減 [石田陽子の恋愛コラム] All About

2.愛情表現は素直に! 照れくさくても「気持ちの裏返し」は禁物

素直な愛情表現は照れくさくて、恥ずかしい。そんな恋愛初心者の女性が陥りやすいのが、愛情表現の裏返し。自分の気持ちをごまかしたり蓋をしたりするのでは、相手に伝わらないのは当然です。

出典: 言い訳無用!逆効果な恋のアプローチとは [島田佳奈の恋愛コラム] All About

4.「卑屈」な言い方で相手を試す愛情表現は、お互いに疲れるだけ

愛されていることに自信が持てず、つい卑屈な言い方をしてしまう。気持ちはわからなくもないですが、「どうせ私なんて」のような言い方をするばかりでは、相手の気持ちは離れていく一方……。

出典: 2/3 あなたの恋愛が長続きしない理由 [潮凪洋介の恋愛コラム] All About