一人暮らしの部屋で失敗しないレイアウト

ルール1:家具やファブリックの色を揃える

家具の色を揃えることで、空間にまとまりが生まれます。ファブリックや小物でアクセントをつけましょう。

出典: インテリアコーディネートの基本 [一人暮らし] All About

ルール2:部屋に置く家具を厳選する

一人暮らしでは、部屋の広さによっては、置きたい家具をすべて置くのは難しいものがあります。勉強用のデスクはダイニングテーブルで代用する、ソファを置かずに脚付きマットレスに腰をかけるなど、限られたスペースを有効に使いましょう。

出典: 2/4 一人暮らしインテリアを安くモテ部屋にする5つのコツ [インテリアコーディネート] All About

ルール3:低めの家具で高さと奥行きを揃える

低めの家具でまとめ、高さと奥行きを揃えて置くことで、部屋がスッキリと見えます。手持ちの家具の高さや奥行きが異なる場合は、少し離して置きましょう。

出典: 2/2 狭い部屋を広く使える、見せるレイアウトのコツ [一人暮らし] All About

ルール4:部屋の入り口のスペースが空くように家具をレイアウトする

部屋の入り口のスペースを空け、奥まで見渡せるようにすることで、空間に広がりが生まれます。

出典: 3/3 一人暮らしのインテリア・模様替え [一人暮らし] All About

ルール5:収納に余裕を持つ

収納に余裕があれば、モノが増えたときに対応でき、定位置が決まらないモノを一時的に収納できます。

出典: 3/3 狭くてもスッキリ。一人暮らしお片付けスタイル [一人暮らし] All About