老後、おひとりさまの多くが赤字家計に!?

おひとりさまの老後を考えたとき、一番気になるのが「お金」のこと。平均データによれば、65歳以降のおひとりさま世帯の多くが赤字家計に……? 住まいが賃貸で国民年金にのみ加入だと、5000万円も老後資金が不足するという試算も。この不足分をどう準備すればいいかを考えてみました。

出典: 最大5000万円!? おひとりさまの老後に必要なお金 [定年・退職のお金] All About

おひとりさまの老後、キーワードは「お金」と「孤立」

老後のために「お金」を貯めている人は少なくないでしょう。しかし、将来「孤立」するかもしれないと考えたことはありますか? 年をとって体が思うように動かなくなれば、程度の差こそあれ、誰かの見守りや介助が必要になるでしょう。その助けを誰にも頼めないとしたら? 「孤立しない」ための準備も、お金と同じくらい重要なのです。

出典: おひとりさまの老後のお金の考え方 [定年・退職のお金] All About

自分の死後、親族間で相続トラブルが……!

おひとりさまの中には、コツコツと働き続けて資産を形成している人も多いでしょう。そんな人こそ、自分が亡くなったときに相続でトラブルになる可能性も。元気なうちから対策をとっておき、自分の相続で親族に面倒をかけないように備える必要があります。

出典: おひとりさま相続が急増中!? 思わぬトラブルも [相続・相続税] All About

元気なうちから「成年後見制度」を利用することも検討

老後、病気や認知症になり、自分で思うように行動したり判断したりできなくなったら、一体どうしたらいい? お金の管理や手続きはどうなる? おひとりさまの多くがそう不安に思うでしょう。そこで役立つのが「成年後見制度」。さまざまな障害で判断能力が不十分になった人を法律的に保護し、サポートしてくれる制度です。

出典: 老後の不安に備える!成年後見制度の豆知識 [お得・節約コラム] All About

避けては通れない「お墓」の問題

老後を考える上で避けては通れない「お墓」。近年、お墓に対する考え方や思いを同じくする人たちが共同で入る「共同墓」が広がっています。旅友、飲み友ならぬ「墓友」を見つけることも、おひとりさまの老後には不可欠になるかも?

出典: 墓友って何?気をつける点は? [葬儀・葬式] All About

エンディングノート(終活ノート)で老後生活をイメージ

自分が亡くなったとき、残された人に伝えておきたいことをまとめる「エンディングノート」。終活ブームもあいまって、さまざまな種類のノートが発売されています。書きやすさやコストパフォーマンスなどを考慮して、ガイドが独断と偏見でベスト10を選びました。ノートを書く作業によって、老後に自分がどう生きたいかを見直すことにもなるでしょう。

出典: 終活・エンディングノートおすすめランキングBest10|All About(オールアバウト)

「公助」「共助」「自助」の3本柱で安心の老後を手に入れよう

日本は世界屈指の長寿国。老後の期間はますます長くなることが予測されます。おひとりさまに限ったことではありませんが、老後の不安を解消するには、お金だけでなく生き方そのものを見直す必要も。その際に押さえておきたいのが「公助」「共助」「自助」という3つの視点です。

出典: 老後の不安を軽くする3つの考え方 [定年・退職のお金] All About