カウントダウンで紹介しますがその前に……

ビールが出てくるハンドル(蛇口)のことをTAP(タップ)と言います。10タップあるお店、と言ったら、10種類の樽生が飲めると考えていいでしょう(ただし、品切れやメンテナンスでビールがつながっていない場合もあります)。

8位

六本木にある「Craft beer BAR Ant 'n Bee」は22種類の樽生ビールがいただけます。ビールのメニューにはスタッフのオススメも書かれているので、スタッフに話を聞きながらビールを選ぶのも楽しいです。

7位

名古屋の23 Craft Beerz NAGOYAはその名の通り、23タップあるビアバーです。20種類のクラフトビールが飲み放題となるコースもあります。美味しいお料理と一緒にビールをたくさん楽しめます。

7位

東京・八重洲にある SWANLAKE Pub Edo では32タップあり、常時22~23タップはつながっています。東京駅から徒歩圏内なので、帰宅時や旅の途中にも立ち寄れます。

5位

現在4店舗あるCRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)はどのお店も30種類のビールがいただけます。1杯480円,780円均一という値段とオフィス街近くの立地が好評です。

4位

五反田にあるCRAFTSMAN(クラフトマン)は31タップ。Sサイズ 550円、Lサイズ 850円でビールがいただけます。美味しい和食とクラフトビールのマリアージュが楽しめるお店です。

3位

下北沢にあるビアバー うしとらでは同じフロアにある1号店と2号店を合わせて38タップあります。お店を行き来してビールを買うのもあり、という面白いシステムがあるお店です。うしとらオリジナルのビールも数種類ありますよ。

2位

渋谷、そして博多にある Goodbeer Faucets(グッドビアフォーセッツ)は最大43種類の樽生ビールがいただけます。デザインされた空間やメニューはとてもオシャレで、デートで使うのにもオススメです。

1位

タモリ倶楽部にも時々登場する両国のポパイは日本で一番ビールが飲めるお店です。タップ自体は100もあるそうですが、常時飲めるのは約70種類。クラフトビールに興味を持ったら、一度は行っておきたいお店です。

アメリカでは……

アメリカでは、2,000を超えるクラフトビールの醸造所があり、100タップを超えるビアバーもいくつかあるようです。アメリカに旅行に行った時には飲みすぎに注意ですね!