1. 医療保険にお金を払い過ぎていないかチェック

まずは適切な保険料をイメージしておきたい

自分が毎月支払っている医療保険の保険料って、他の人よりも高いの? 安いの? 医療保険の適切な保険料について考えてみました。これから医療保険に入ろうと考えている人も必見です。

出典: 医療保険の保険料はどのくらいが適切? [医療保険] All About

2. 保険料払込期間を長くすると、月々の保険料は下がる

60歳、65歳など、保険料を何歳まで払う?

医療保険やがん保険に加入する場合、保険料を何歳まで支払うかを、どのように決めていますか?何気なく決めてしまうことの多い、この「払込期間」について掘り下げて考えてみました。

出典: 医療保険の保険料払込期間の決め方 [医療保険] All About

3. 保険期間を短くすれば、月々の保険料は安くなる

医療保険には定期タイプと終身タイプがある

医療保険やがん保険を選ぶ際、保障期間を定期(10年など一定期間のみ)と終身(一生涯)どちらにするかは悩むポイントでしょう。そのような悩みを解決するために、保険営業の人でもあまりしたことがないであろう、リアルで詳細な比較をしてみました。

出典: 医療保険は定期と終身どっちがいい? [医療保険] All About

4. 保険料の「実質負担」で選ぶという考え方も

掛け捨ての医療保険ってやっぱり損?

医療保険やがん保険は近年、貯蓄性のあるものよりも掛け捨てタイプが主流となっています。やはり掛け捨てを選ぶのが正解? 払い込む保険料から、将来解約したら戻ってくる貯蓄性の部分(解約返戻金)を差し引いた額を「実質負担」とし、複数の保険タイプを例に比べてみました。

出典: 医療保険・がん保険は掛け捨てがよい? [医療保険] All About

5. 複数の医療保険を比較検討してみる

保険会社によって医療保険の保障内容は違う

医療保険の保障内容は、どの商品も同じとは限りません。医療保険に加入するなら、保障内容が充実していて、なおかつ保険料が安い商品を選びたいもの。複数の商品を比べて検討する際、見るべきポイントをまとめました。

出典: 複数の医療保険を比較する時はどこを見るべき? [医療保険] All About

6. 共済に加入するという選択肢もある

掛金(保険料)の安さは魅力だが、注意点も

保険の見直しは節約効果が大きいもの。ほかの医療保険への乗り換えだけでなく、たとえば共済に加入し直すという方法もあります。共済は安い掛金(保険料)が魅力ですが、通常の医療保険と違う点はあるのでしょうか? 注意点を解説します。

出典: 節約するなら生命保険をやめて共済なのか [生命保険] All About

7. ファイナンシャル・プランナーに相談してみてもよい

FPや保険代理店など、プロに相談できる場が増えている

昨今は、複数の保険会社商品を取り扱っている保険代理店の店舗で相談したり、ファイナンシャル・プランナー(FP)に相談したりする人が増えているようです。プロに相談して自分に合った医療保険を選ぶためのポイントとは?

出典: FP、保険窓口…医療保険のプロに相談するポイント [医療保険] All About