理由1 貯蓄すること自体が簡単ではない

入院・手術のためにわざわざ貯蓄ができる?

「もし病気やケガで入院や手術をする時は貯金で対応するから、医療保険はいらない!」そう考えている人も多いでしょう。貯蓄や借入金の平均データから、本当に貯蓄で病気やケガの費用をまかなえるのかを検証しました。

出典: 「貯蓄で何とかするから医療保険は必要ない」は本当か [医療保険] All About

理由2 治療費がかかっても貯蓄に手をつけずに済む

ライフプランを狂わせないためにも、保険で守ることは大事

もし病気やケガで入院・手術をした場合、医療保険があれば、使う予定のあった貯金に手を付けずに済みます。親の老後生活資金を奪うようなことも避けられるでしょう。自分のためだけでなく、家族や周囲の人のためにも、医療保険に入っておくことは重要です。

出典: そもそも何で保険に入る必要があるの? [医療保険] All About

理由3 入院した際の自己負担額は○十万円!?

医療費がかかる上、働けなくなるので収入も減る

もし病気やケガで入院した時のために、多くの人が医療保険やがん保険に加入したり貯蓄したりしていますが、いくらかかるのか見当がつかないと備えづらいものです。そこで目安となる入院した時にかかった医療費のデータを紹介します。

出典: 入院したら医療費はどのくらいかかるの!? [マネーHOTトピックス まとめ読み] All About

理由4 先進医療を受けるとさらに高額になることも

先進医療部分の治療費は全額自己負担!

今では多くの医療保険やがん保険に付加されるようになった、先進医療保障。そもそも先進医療とはどんな医療なのでしょうか? 先進医療の概要と、先進医療に対する備えについて考えてみました。

出典: 先進医療の保障は必要なのか? [医療保険] All About

理由5 医療保険は誰でも加入できるわけではない

職業や健康状態によっては保険加入を断られるケースも

医療保険に限らず、保険はいつ、誰でも無条件に入れるわけではありません。年齢が高くなれば保険料は高くなりますし、職業、病気やケガの経験、入院や手術の経験によっては、そもそも保険に入れないのです。若いうち、健康なうちに保険に入っておくのが得策といえます。

出典: あなたは保険を選べる人?それとも選ばれてしまう人? [マネーHOTトピックス まとめ読み] All About

理由6 医療保険から出る給付金には税金がかからない

非課税なのはラッキーだが、医療費控除の申告時には注意

いざ入院給付金を受け取ったら、税金を払うのでしょうか。答えはノー。受け取った入院給付金は基本的に非課税扱いで、確定申告の必要もありません。しかし、医療費控除を申請する場合は、受け取った給付金相当額を差し引いて考える必要があります。

出典: 入院給付金を受け取ったけど税金って払うの? [医療保険] All About