いま注目のシティホテルランキング(首都圏)

第1位 ホテルインターコンチネンタル東京ベイ(東京都港区)

3 年前にハウスウェデングを手がける企業の運営となった後に業績が回復。ホテルのプロではないブライダル会社の手法がシティホテルへ注入されたという今までにない試みが、快適なハードとホスピタリティの調和を生んでいる注目のシティホテル。

出典: 鮮烈な変化を遂げた、インターコンチネンタル東京ベイ [ホテル] All About

第2位 ホテルニューグランド(神奈川県横浜市)

クラシックホテルの威風堂々とした佇まい、港町横浜に同化した雰囲気が訪れた者を非日常へと誘う。縦組織の弊害がいわれる大型ホテルだが、伝統をベースとしたホスピタリティをスタッフが共有、変わらぬおもてなしを実現するホテルニューグランドである。

出典: 横浜の歴史とともに歩んできたホテルニューグランド [横浜の観光・旅行] All About

第3位 ホテル ザ・マンハッタン(千葉県千葉市)

千葉市の幕張新都心にあるスモールラグジュアリーホテル。館内はアールデコのエッセンス、ディテールから調度品に至るまで一つ一つ古き良きクォリティとこだわりが感じられる。スモールラグジュアリーゆえのスタッフのホスピタリティも高い評価を得ている。

出典: 千葉・幕張のホテルならホテル ザ・マンハッタン

いま注目のビジネスホテルランキング

第1位 ホテルココ・グラン高崎(群馬県高崎市)

デザートで有名なドンレミー(木本製菓)が運営する、癒しと都市型アーバンリゾートをコンセプトにしたホテル。全室に高級マッサージチェアを備え、露天風呂のある温浴施設など、リラクゼーションもコンセプトにする。レストランココ・シエールも秀逸。

出典: 3/3 独立系建物のデラックスホテルに注目! [ホテル] All About

第2位 ホテルフォルツァ博多(福岡県福岡市)

「プレミアムビジネスホテル」をテーマにした居心地のいい空間、広めにとられた客室とハイクォリティな調度品の相乗効果が快適な滞在を約束する。現在大分と博多に展開するが、今秋は長崎へも出店予定の九州で人気のホテルチェーンである。

出典: 博多駅から徒歩1分の新ホテル ホテルフォルツァ博多 [博多の観光・旅行] All About

第3位 アゴーラ・プレイス浅草(東京都台東区)

アメニティは必要な人が必要な分だけ購入、レンタル等で各自負担するという新発想の宿泊主体型ホテル。アメニティが用意されている客室もありますが、用意のない客室は基本的に料金が安価に設定されており、客室クォリティからするとお得感が高い。

出典: AGORA PLACE -ASAKUSA- | アゴーラ・プレイス浅草 公式サイト

いま注目の個性派ホテルランキング

第1位 ロイヤルパークホテル ザ 汐留(東京都港区)

ホテルのコンセプトルームがブームとなっているが、著名デザイナーや有名インテリアショップとのコラボによるコンセプトルームが、同ホテルの26 階に続々と誕生し「ホテルライフスタイルアーケード」という名の特別フロアとして生まれ変わった。

出典: ホテル開業10周年、ロイヤルパークホテル ザ 汐留 [ホテル] All About

第2位 ホテルバーグランティオス(東京都大田区)

バーとホテルが融合した新しいスタイルの宿泊主体型ホテル。カップルユース、ビジネスユース、ファミリーユース等様々な客層に対応。宿泊特化スタイルにしては珍しくルームサービスの提供まで行う。客室面積は一般の宿泊特化型ホテルと比較すると大変広い。

出典: ホテルとバーが融合した新スタイルホテルがオープン! [ホテル] All About

第3位 HOTEL LA FORESTA by RIGNA(福岡県福岡市)

博多駅から徒歩2 分の好立地ホテル。世界のデザイナーズ家具の販売やインテリアコーディネートなどを手がける「リグナ」の手により、旧来のビジネスホテルが再生されたデザイナー宿泊特化型ホテル。異業種プロ集団によるこれからのホテル再生にも注目である。

出典: 【公式サイト】HOTEL LA FORESTA ~ BY RIGNA ~ (ホテル ラ フォレスタ)博多駅筑紫口より徒歩2分【ベストレート保障】

※実勢料金からのコスパとホテルのコンセプトに優れていることを指標としているので、概して宿泊料金が高い超高級や話題のラグジュアリーホテル、また、いずれの店舗も同様の形態である全国チェーンの宿泊主体型ホテル等は本ランキングの対象外となっています。