新入社員のうちにマスターしておきたい5つの定番テクニック

避けては通れないエクセルの登竜門! VLOOKUP関数をマスターしよう

ひと昔前はエクセル中級ユーザーの代名詞のような存在だったVLOOKUP関数。今では、必須テクニックと言えるでしょう。正しく使用するためには、VLOOKUP関数特有のルールがあります。下記のリンク記事を読んで、しっかり学習しておきましょう!

出典: VLOOKUP関数の使い方 [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセルの最強機能! ピボットテーブルを使用すればデータ集計も自由自在

エクセルの「最強機能」と言われるピボットテーブル。蓄積したデータを様々な角度から集計できる大変便利な機能です。しかも、操作がとっても簡単!データの傾向を読み解く簡単なデータ分析も可能です。この機会にマスターしておきましょう!

出典: ピボットテーブルを作成しよう [エクセル(Excel)の使い方] All About

データ入力効率化の定番テクニック! 入力規則「リスト」をマスターしよう

一覧からデータを選ぶ形式でデータを入力できる入力規則「リスト」。あまりに便利なために問合せが多かったこの機能も、今では定番テクニックとなりました。業務でエクセルを使用するなら、必ず知っていてほしい便利テクニックです。

出典: 入力規則の「リスト」を活用しよう! [エクセル(Excel)の使い方] All About

セキュリティ対策として、もはや常識! ブックにパスワードを設定する方法

会社には、社外に公表できないデータがあります。こういった機密情報をエクセルで扱う場合、ブックにパスワードを設定して運用します。もはや「常識」とも言えるセキュリティ機能なので、下記のリンク記事を読んで、必ずマスターしておいてください。

出典: 重要データを含むブックはパスワードを設定 [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセルをワープロ的に活用するコツとは?

ワープロといえばワード(Word)ですが、ワードにはない取り回しの良さから、エクセルをワープロ的に使用する事が当たり前となりつつあります。とはいえ、エクセル特有の問題があるのも事実。リンク記事を読んで何に注意すべきなのか知っておきましょう!

出典: エクセルをワープロ的に活用しよう! [エクセル(Excel)の使い方] All About

新入社員のうちからマスターしておきたい5つの作業効率化テクニック

ショートカットキーを活用しよう

キーボード操作でエクセルを操作できる「ショートカットキー」。マウスであちこちクリックする必要がない分、劇的に作業効率がアップします。ショートカットキーを覚えて、事務作業の生産性をアップさせましょう!

出典: ショートカットキーを活用して作業効率をアップ [エクセル(Excel)の使い方] All About

セル範囲を「選択するだけ」で計算できる!

意外と知られていませんが、エクセルには、セル範囲を「選択するだけ」で、データの合計や平均などを計算する機能が備わっています。もっとも素早く計算する高速テクニックとして、ぜひ覚えておきましょう!

出典: セル範囲を選択するだけで計算できる簡易計算機能 [エクセル(Excel)の使い方] All About

同じ書式を設定するなら、書式だけをコピーせよ!

セルの「書式だけ」をコピーして別なセルに貼り付けることができる機能があるのをご存知ですか? 同じ書式を別なセルに設定するなら、ぜひ、活用してみてください。作業効率アップ、間違いなしです!

出典: セルの書式だけを簡単操作で貼り付ける便利ワザ [エクセル(Excel)の使い方] All About

慣れないリボン操作への切り札! クイックアクセスツールバーを使いこなそう

2007バージョンから採用されたメニュー形式リボン。「あの機能はどこにあるのか?」と探す機会も多いはず。メニューを探していたのでは作業効率は落ちてしまいます。そんな時にオススメしたいテクニックがクイックアクセスツールバーのカスタマイズです!

出典: エクセルのクイックアクセスツールバーをカスタマイズ [エクセル(Excel)の使い方] All About

実務現場では使用頻度が高い! 計算結果だけをセルに貼り付ける方法

実務現場では、ワークシートで計算した「結果だけ」を別なワークシートに貼り付ける機会は意外と多いもの。計算処理にまつわる基本操作として必ず押さえておきたいテクニックです。下記のリンク記事では、この機能をより効率的に処理するテクニックを紹介しています。

出典: 数式の計算結果だけを貼り付ける方法 [エクセル(Excel)の使い方] All About