沖縄本島から車で気軽にアクセスできる離島

1位:古宇利島

沖縄本島から橋を渡って、船に乗らずとも行くことのできる小さな島、古宇利島。沖縄本島旅行の人気のドライブコースです。風に揺れるサトウキビ畑と、昔ながらの石垣や珊瑚の壁が残る集落の風景は、まさに沖縄の原景とも呼べるもの。沖縄本島を旅するならぜひ一度は訪れて欲しい場所です。

出典: 人気の離島、古宇利島へ出かけよう! [沖縄の観光・旅行] All About

2位:瀬底島

沖縄本島の本部半島から瀬底大橋を渡ったところにある瀬底島。ここの瀬底ビーチは、白い砂浜が美しい天然ビーチです。本島のビーチの中では透明度が抜群で、シュノーケリングポイントとしても有名です。

出典: 4/5 沖縄本島のビーチ情報 [沖縄の観光・旅行] All About

沖縄本島から舟で日帰りもできる離島

3位:水納島

水納島は、沖縄本島西海岸のリゾートエリアから気軽に行くことのできる離島として人気の島。半月状の形をしていることから、クロワッサンアイランドとも呼ばれるそう。船にたった15分乗るだけで、訪れる人を感動させるビーチに出会えます。日帰りで行けるので、本島に滞在する際はぜひ足を伸ばしたい離島。

出典: 水納島へ 気軽に行ける離島 [沖縄の観光・旅行] All About

4位:ナガンヌ島

沖縄の無人島のなかで、設備・アクセス・レジャーが充実している離島。クルーザーで那覇から約20分、恩納村から約60分の距離で、日帰りツアーや宿泊ツアーを利用して出かけてみてはいかがでしょう?

出典: 日帰りツアーで行ける無人島、ナガンヌ島 [沖縄の観光・旅行] All About

5位:渡嘉敷島(慶良間諸島)

3月に国立公園に指定されたばかり、今注目の慶良間諸島。その代表的な離島が渡嘉敷島。世界有数の透明度を誇る美しい海に囲まれています。那覇から高速船で35分、フェリーで70分でアクセスできます。

出典: 渡嘉敷島を丸ごと遊びつくそう! [沖縄の観光・旅行] All About

6位:座間味島(慶良間諸島)

世界でも有数の透明度を誇る海と、そこに生息する素晴らしい珊瑚礁で知られる慶良間諸島。慶良間の4つある有人島の中のひとつである座間味島は、ダイバーにとって憧れの島。冬の間はホエールウォッチングの基地として知られ、シュノーケリングに最高なビーチもあります。

出典: 座間味島へ行こう! [沖縄の観光・旅行] All About

7位:阿嘉島(慶良間諸島)

目も眩むようなケラマブルーの海に囲まれた島、阿嘉島。森林原野で覆われた緑豊かな島です。橋続きでもうひとつの有人島慶留間(ゲルマ)島と、その奥にある外地(フカチ)島へ渡ることができます。那覇から高速船で50分(経由便の場合は70分)、フェリーで90分と日帰りでも行けますが、できれば数泊して、阿嘉島と座間味島を行ったり来たりするのが楽しいでしょう。

出典: 慶良間諸島、阿嘉島の楽しみ方 [沖縄の観光・旅行] All About

定番人気の二大離島

8位:石垣島

八重山諸島への玄関口で、中心的存在の石垣島。ここを拠点に八重山巡りもオススメ。海と山の自然がいっぱいの石垣島には、美しい海はもちろんのこと、八重山の文化・歴史を知ることのできる見どころがたくさん。川平湾などの絶景スポットも数多くあります。

出典: 石垣島の観光スポット [石垣島の観光・旅行] All About

9位:宮古島

宮古島は、沖縄の中でも特に美しい海が自慢。近年人気が高まっている注目のリゾートアイランドです。きれいなビーチがたくさんあるので、宮古島に行ったらぜひビーチ巡りを楽しみたいもの。

出典: 宮古島の観光スポット [宮古島の観光・旅行] All About

ディープな沖縄を楽しめる離島

10位:竹富島

石垣島から船でわずか10分で行ける竹富島。赤瓦の屋根に、珊瑚の石垣、真っ白い砂を敷き詰めた小路など、誰もが思い描く沖縄の原風景を色濃く残す島です。水牛車観光や星の砂のビーチ、島の人の温かさなど、魅力もたっぷり。「本当に行ってよかった!」と、訪れた旅人からの満足度が抜群に高い島です。

出典: 竹富島の観光情報 [石垣島の観光・旅行] All About

All About 公式Facebookページに「いいね!」しよう

毎日10本以上の厳選記事をご紹介

All Aboutの公式Facebookページでは16万本以上の記事の中から、毎日の生活に役立つ便利テクニックや話題のトピックスをお届け中。「いいね!」がまだの人はぜひこちらをクリック!

出典: All About