快適さに直結する「サイズ」に要注意

イメージだけで選んでしまうと、「食事をするときに窮屈」であったり、「食べるときの姿勢がツライ」などといった困ったことも

リンク: 見落としては駄目!テーブル寸法 [インテリアコーディネート] All About

ソファは「○人掛け」に惑わされないで!

2人がけのソファと表記されていても、肘掛けの有無や座面の大きさによって幅の寸法も大きく変わります。実寸がどうなっているのか数字で見て確認しましょう。

出典: 大きすぎ?小さすぎ?ソファで失敗しない! [ソファ・ソファベッド] All About

ダイニングテーブルの高さはイスとの組み合わせが決め手

テーブルのサイズは単純な縦・横・高さのチェックだけでなく、イスとの「差尺」に注意する必要があります。食べやすい姿勢を保つための差尺を調べてみましょう。

出典: 見落としては駄目!テーブル寸法 [インテリアコーディネート] All About

ベッドは「ダブル」や「クイーン」などの表記だけで見るのはキケン

「ダブル」や「クイーン」などのサイズは、メーカーによってかなりの違いがあります。製品によっては、ベッドを置く板の最大幅を表記している場合もあります(マットレスの幅ではない)。

出典: あれっ!?サイズを間違えた!ベッドが入らない悲劇 [ベッド] All About

ハコモノの収納家具は圧迫感に気をつけて

ハコモノの収納家具は、どっしり重たく見えやすい家具。背が高過ぎると圧迫感を与えてしまうため、目線の下に来る高さを選びましょう。

出典: 部屋を広く見せる! 収納家具を選ぼう [収納家具・棚・タンス・シェルフ] All About

学習机はイスのサイズも意識して

机に向かって正しい姿勢を保つには、体にあったイスのサイズが重要なポイント。高さだけでなく、奥行きにも要注意です。

出典: 新一年生!いい学習机を選ぶには [インテリアコーディネート] All About

快適に暮らすための空間サイズは確保できる?

人そのものの寸法はもちろんのこと、人の手足が動く動作域の寸法や作業のための動作空間の寸法が考えられていないと、動きにくかったり、使いにくかったりといったことが起こってきます。

リンク: 2/2 立てない!開かない!をなくそう [インテリアコーディネート] All About

立てない!開かない!を無くす家具レイアウトの考え方

実際に家に置くと、歩ける場所がなくなった!など、以前より不便になってしまうかもしれません。人が動作するために必要な寸法も念頭に置いておきましょう。

出典: 立てない!開かない!をなくそう [インテリアコーディネート] All About

深呼吸して考えてみよう

「駆けこみ」じゃなくて「衝動買い」になっているかも…

増税後の値段、自分で計算してみましたか?「駆けこみ」を言い訳にした「衝動買い」になっていないか、深呼吸して考えてみましょう。

出典: 家計管理を阻む衝動買いのワナを卒業しよう [家計簿・家計管理] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項