自動ブレーキ機能とは

自動車がセンサーで予め障害物を察知して、衝突しそうになった場合に自動的にブレーキをかけるという機能。プリクラッシュセーフティシステムとも呼ばれています。何km/h以下だと機能するかなどの動作条件は車によって異なり、主に「カメラ」と「ミリ波レーダー」「赤外線レーザー」の3種類の技術が使われます。

①カメラ方式

スバルのアイサイトのCMで一躍有名になったカメラ方式。人間が目で見て判断するのと同様に、人や自転車を区別することができるのが最大の特徴です。近年では2つのカメラを装着したステレオ方式を採用するところも多く、その精度はますます向上。ただ、悪天候や夜間走行は、人間の目と同様苦手としています。

②ミリ波レーダー方式

ミリ波と呼ばれる直進性の強い電波を前方へ照射し、返ってきた電波を測定して障害物を捉えます。より遠くの状況を把握できるのと、悪天候に左右されないのが大きな特徴です。ただし、カメラのように障害物を分類することは苦手です。また、比較的コストがかかるというのもポイントです。前を走る車を捉え、速度を自動調整するクルーズコントロールなどの機能にも使われてきました。

③赤外線レーザー方式

赤外線レーザーを前方に照射して障害物を検知します。ミリ波が電波なのに対しこちらは光線。悪天候のシチュエーションは苦手です。また、把握できるエリアも限られてきます。ただし、低コストで導入できるという大きなメリットがあります。

複数の方式を組み合わせるケースが増えてきた

新型ゴルフはミリ波レーダー+赤外線レーザーを組み合わせた自動停止ブレーキが標準装備されている。この安全装備、事故割合が一番高い街中の追突事故の大半を防止できる能力を持つ。

リンク: プリウスに肉薄!? 新型ゴルフのコスパを検証 [国産車] All About

長距離が得意なミリ波レーダーと短距離が得意な赤外線レーザーの組み合わせ。

5つのミリ波レーダーとカメラを使った「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備し、車両の周辺を把握するのに便利な「360度カメラシステム」、「アクティブパーキングアシスト」を装備している。

リンク: 新型GLクラスはメルセデスとアメリカン風の良さを融合 [メルセデス・ベンツ] All About

5つのミニ波レーダーセンサーを備えることで、前方だけでなく左右後方の障害物も把握できる。

2014年モデルに最新安全技術である「サイクリスト検知機能」も導入。同機能はフロントグリル内のミリ波レーダー、フロントウインドウのカメラと赤外線レーザーを使うことで、前方を走る自転車を検知し、衝突を回避もしくは被害の軽減を図るもの。

リンク: サイクル検知機能などボルボ2014年モデルの大変革 [VOLVO(ボルボ)] All About

ミリ波レーダー、赤外線レーザー、カメラ全てを駆使した安全機能。さすがはボルボ!

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項