ポイント1:披露宴からか二次会だけかチェック

当日のスケジュールを確認して、服装を選びましょう。二次会の案内に 「平服で」と明記されていた場合もご注意を……。

出典: 2/2 結婚式の二次会 服装と会費 [結婚式・披露宴マナー] All About

ポイント2:会場をリサーチして服装を決める

格式ある結婚式場、カジュアルなカフェ、落ち着いたレストランなどシーン別にTPOを合わせて服装を決めると安心です。

出典: 二次会の服装 3つのシーン別マナー  [結婚式・披露宴マナー] All About

ポイント3:結婚式が続くならドレスをレンタルしてみる

結婚式が重なって毎回同じドレスを着るのはちょっとという方や、ご祝儀など物入りで新しいドレスを買う余裕がないときは、レンタルしてみては?ガイドいちおしのレンタルドレスとショップをご紹介します。

出典: 厳選7店!頼れるレンタルドレスショップ [結婚式・披露宴マナー] All About

ポイント4:眠っているドレスはシェアして有効活用を

レンタルの先を行くサービスも登場しています。借りたい方、貸したい方、レンタルされたらお小遣いをもらい、それを元手に今度は自分がレンタルする、つまり貸し借り(シェア)できる……こんな便利なことはありませんよ!

出典: 結婚式に使える!話題のドレス・シェア [結婚式・披露宴マナー] All About

ポイント5:男性はスーツかジャケット着用がマナー

会場によってドレスコードが違ってくるのは女性と同じ。お祝いの席ですので、あまりにラフに着こなし過ぎると、新郎新婦や他のゲストに対して失礼になってしまいます。気をつけましょう。

出典: 男性必見!シーン別二次会服装マナー [結婚式・披露宴マナー] All About