5位 小銭貯金は「500円玉」で

お金を貯められない人が、その理由のひとつとして上げることに「頑張っているのに貯まらないからヤル気にならない」ということがあります。小銭貯金は無駄なく貯めるために必要なことなのですが、本当に小銭を貯めていてもなかなかまとまった金額になりません。ですから、貯まらない人は500円玉貯金がおすすめ。500円玉なら1カ月に10枚貯めれば1年で6万円! 貯まらない人はムダが多いので500円玉貯金も難しくないはずです。

ユニーク貯金箱で、さらにモチベーションアップ!

500円玉貯金用の貯金箱として、さまざまなものが市販されています。もちろん貯金箱は何でも構わないのですが、目標金額が明確だとヤル気がさらにアップすると思いませんか。

出典: 商品一覧 : 子供の心で おとなの愛で TOYBOX

4位 「特別支出」をきちんと計上する

毎月決まって必要ではないお金をどう捻出するかということは、上手に家計管理をする上ではとても重要です。というのは、これが意外にまとまった金額のことが多いので、貯蓄を取り崩すことになって貯まらない原因になるからです。冠婚葬祭、家電の買い替え、実家が遠方の人は帰省費用……。1年から2、3年単位で必要になるお金を洗い出してみましょう。

貯まらない家計、忘れている支出が原因!

毎月の収支はトントン。家計簿をつけているけど、たまに赤字家計になることも……。家計管理のどこが悪いのか分からない、という人は食費や水道光熱費ほど、気にしていない「ある支出」が原因です。さて、その支出とは何でしょうか?

出典: 貯まらない家計、忘れている支出が原因! [家計簿・家計管理] All About

3位 「財布を2つ」持って支出を管理

家計管理の方法に「袋分け」がありますが、これはそれをさらにシンプルにした方法。共働きの人ならば「家計費」と「自分の小遣い」、専業主婦の人ならば「食費」と「それ以外」という具合に、お財布を2つ持ち入れる金額を決めておけば、簡単に支出が把握できます。家計簿をつけられない人におススメです。

家計簿いらずの家計管理法

今年から始めた家計簿に早くも挫折した方、家計簿なしで家計を管理する方法に切り替えてみては? お財布を2つ用意して、生活費とお小遣いを予算内でやりくりしましょう。

出典: 家計簿いらずの家計管理法 [家計簿・家計管理] All About

2位 生活スタイルが変わったら「家計簿」をつける

結婚した、子供が生まれた、子供が幼稚園へ入園した……。人生には生活スタイルが変わる時期がたびたび訪れます。家計管理はそんな時にピンチを迎えるものです。貯まらない人は家計簿をつけていないことが多いようですが、支出を把握しないと家計管理はできません。1円単位で細かく記録しようと思わず、ザックリ把握できればいいくらいのラクな気持ちでOK。できれば1年、難しいようなら数カ月でもいいので記録して予算を見直すと、家計管理がスムーズになります。

逆転の発想で楽しく簡単に家計簿をつけてみる

一度お金のことを真剣に考えなくちゃと思いつつ、家計簿をつけていないという人は多いはず。しかしそれは家計簿の発想を間違えているからかもしれません。逆転の発想で家計簿をつける方法をお教えします。

出典: 2/2 逆転の発想で楽しく簡単に家計簿をつけてみる [賢く生きる3分間マネーハック] All About

1位 やっぱり王道は「先取り貯蓄」

定番ですが、お金を貯めるにはこれをなくして成立しません。「あまりお金を使わないので気が付いたら貯まっていました」という人もいますが、極めて少数派。多くの人は強制的に貯める仕組みを作らなくては貯まらないはずです。先取り貯蓄をしている人も、定期的に金額を見直すなどメンテナンスをお忘れなく。

先取り貯蓄は「家計のステージ」に合わせて実践!

貯蓄の王道的手段といえば、「先取り貯蓄」。ただし、この先取り貯蓄、意外と奥が深いのです。というのも、いろいろな家計のご相談を通して、同じ「先取り貯蓄」でも、「家計のステージ」によって、ちょっと考え方が異なるのではないか、と思うようになってきました。

出典: 先取り貯蓄は「家計のステージ」に合わせて実践! [マネーHOTトピックス まとめ読み] All About