選択1 60歳以降も働き続ける?

働き続ければ、高年齢雇用継続給付がもらえる

60歳はまだまだ元気! 老後の生活費の目減りを抑えるためにも、働き続けましょう。とはいえ、給料は下がってしまうのが一般的。そんなとき、下がった分の一部をカバーしてくれる高年齢雇用継続給付があります。

出典: まだまだ元気!高年齢雇用継続給付を活用して働こう [公的手当] All About

選択2 給料が多いと年金が減るかも。それでも働く?

「在職老齢年金制度」という仕組みを知っておこう

働き続けることを選択すると、給料の額によっては年金が減額または支給停止になります。「在職老齢年金制度」という調整です。これを気にするのかしないのかを選択するための基礎知識を押さえておきましょう。

出典: 働きながら年金受給 在職老齢年金とは? [年金] All About

選択3 年金と雇用保険、どちらをもらう?

どちらを受給するのがお得かシミュレーションしてみよう

定年退職し、年金と雇用保険をもらう権利が発生しても、残念ながら両方はもらえません。併給調整されてしまうからです。どちらをもらうのがトクかの選択を間違えないようにしましょう。

出典: 年金と雇用保険、どちらがお得? [定年・退職のお金] All About

選択4 退職後の健康保険はどうする?

退職後の健康保険の選択肢は4つある

定年退職後は、それまで加入していた健康保険から外れ、別の方法で公的医療保障を確保しなければなりません。その選択肢は4つ。自由に選べるわけではありませんが、どんな人がどの方法を選べるかを確認しておきましょう。

出典: 退職後の健康保険 選択肢は4つ [定年・退職のお金] All About

とりあえず「任意継続」を選ぶのが無難かも

退職後の健康保険をどれにするかの手続きには期限があります。今のうちから考えておきたいもの。それでも迷うようなら、とりあえずは「任意継続被保険者」の道を選んではいかがでしょう。

出典: 定年退職後の健康保険はとりあえずこれ! [定年・退職のお金] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項