「CarPlay」はカーナビ本体ではなく、“機能”の名称

「CarPlay」という名の新しいカーナビを発表したかのようにも受け取れますが、CarPlay自体はiPhone5などのiOS7対応機種に新たに提供される機能の名称。iOSデバイス上のコンテンツをApple TVテレビを通して楽しめるAirPlayに近い機能です。

出典: Apple - CarPlay

各自動車メーカーがCarPlay対応の車載情報機器を開発中

CarPlayを使うには、メーカー側がCarPlayに対応した車載情報機器を用意する必要があります。ライトニングケーブルでiPhoneとつないだ後の操作は、タッチ対応のディスプレイやコントローラー、そして音声で調べ物などができるSiriを活用。手を動かさずに、ハンズフリーでiPhoneを操作することができます。国産メーカーだとホンダ、三菱、日産、スバル、スズキ、トヨタなどが対応車種を販売予定。輸入車勢も多くのメーカーで採用の方針とのこと。

ドライバーが関心を持ちそうな場所も先読み!?

CarPlayを使えば、電話をかけたり、マップを使ったり、音楽を聴いたりといったことが、運転中であってもスムーズに行うことができます。それぞれの機能は既にiPhoneにあるものですが全て車載用に最適化。例えばマップ機能はカーナビ同様に使えるのはもちろん、アドレス帳やメール、スケジュールなどの情報からドライバーが関心を持ちそうな場所の提案もできるそうです。

今後のCarPlayは? そしてAndroidはどう出る?

まずは各メーカーが準備を進めている対応車両の発表を心待ちにする、といったところでしょうか。Appleはサードパーティ製のアプリもサポートするそうなので、今後CarPlay上で便利な機能が次々と登場することでしょう。また、Googleが展開するAndroidを搭載する車両も開発中だそうで、スマホ市場を争う二強の動向、しばらく目が離せません。

実際の操作感はこちらの動画をどうぞ!

CarPlay対応のボルボ車で、実際にCarPlayを操作している様子です。

リンク: Volvo and Apple CarPlay - YouTube