中学受験の塾は一般的な習い事より高い

低学年でも月1〜2.5万、高学年になると月2.5万〜5万円!

首都圏では低学年から塾に通わせて私立を目指す家庭も。普通の習い事よりも高額で、高いところでは低学年でも毎月2万円台、6年生ともなると5万円以上(オプションなどを付けると8万円以上というところも)かかります。

出典: 中学受験用の進学塾でかかるお金 [学費・教育費] All About

塾代と私立中学の学費でトータル400万円も!

受験塾が200万円、入学後の学費が200万円以上

小4から小6まで通う塾代はトータル200万円以上。入学金の平均は約25万円ですが、学校によっては学費や学校債、寄付金など入学時に100万円近く払わなければいけないケースも。そしてもちろん在学中もお金がかかり、平均すると毎月約5万円。ざっと計算して、小4から中3までの6年間で410万円にもなります。

出典: 私立中学校、受験から学費まで400万円也 [学費・教育費] All About

塾通いが始まる前に貯金のめどをつけておこう

塾に通い始めてから大学4年まで、年間100万~150万円が出ていく

本格的な受験塾では年間80万〜100万円かかり、私立の間も1人につき年間100万〜150万円かかり続けます。この金額を支払いながら大学まで行かせるのが難しければ、貯金が必要に。幼稚園から大学までオール私立でかかる1200万〜2000万円をどのように支払っていくか、またいくら分を貯金から取り崩していくのかを考え、塾に通い始める前までに貯金のめどをつけておきたいですね。

出典: 2/2 いくら貯める?中学から私立コース [学費・教育費] All About

私立中学へ通わせるには「月収45万円」が分かれ道!?

子ども1人の場合、月収45万円でギリギリ。子ども2人だとアウト

データ上では、家計収入が月45万円あれば子ども1人を私立中学に通わせることが可能です。しかし私立に行かせても大丈夫かといった判断は、結局は「将来のための貯金をしながら、私立中学・高校・大学に通わせ続けるお金が払えるか」によります。ご家庭の生活レベルや価値観、また今後の収入予想などで大きく左右されるため、一概に「○○円なら大丈夫」ということは言えません。

出典: 子どもを私立中学に通わせるには、いくら年収が必要? [学費・教育費] All About

公立の中高一貫なら、6年間で私立より400万円安い!

中高6年間で公立との差は400万円以上!

高校受験をすることなく、中高6年間を通して一貫した教育を受けられる公立の中高一貫校が昨今人気です。倍率はとても高いため、小5くらいから受験塾に通う場合も多いですが、6年間で私立より400万円も安いのは魅力です。

出典: 中高一貫校の学費、公立と私立でどのくらい違う? [学費・教育費] All About

そもそも、なぜ中学受験をするのか考えてみよう

中学受験は子どもが成長途中で経験し得るチャレンジの一つ

どうして中学受験をするのかという理由は、子どもの数だけあります。中学受験は子どもが夢に向かって進む手段の一つ。スポーツに打ち込むのと同じように、「あの学校に行きたい」といった子どもなりの夢に向かって、勉強に主体性を持って打ち込むことなのです。受験する、しないを考える前に、一度は読んでおきたい記事です。

出典: なぜ中学受験(なんか)するの? [子育て事情] All About