災害後に増える心の病気とは

PTSD・心的外傷後ストレス障害

自然災害や事故など、あまりに過酷な出来事を経験をしてしまうと、心に残る傷跡の深さから「PTSD」と呼ばれる深刻な後遺症が起きることがあります。

出典: PTSD(心的外傷後ストレス障害)の原因・症状・症例 [メンタルヘルス] All About

情報に触れることでも増える、急性ストレス障害、うつ症状

大きな災害後は、被災者でなくても、それらの報道を繰り返し見ることで、 食欲の変化や不眠などの心の不調が起きることがあります。これらの「急性ストレス障害(ASD)」から、深刻なうつ病などを発症しないための対策法を知っておきましょう。

出典: 被災地外でも急増? 急性ストレス障害・うつの対策法 [メンタルヘルス] All About

PTSDによる睡眠障害

辛い出来事で心に「外傷後ストレス障害」を受けてしまった場合、不眠に悩まされるケースも少なくありません。これらの症状は個人の性格や能力に問題のせいではなく、ストレスによる脳の機能障害です。

出典: 嫌なのに思い出してしまう! PTSDによる睡眠障害 [不眠・睡眠障害] All About

正しい治療を受けることが大切です

PTSD・心的外傷後ストレス障害の治療法

悪夢、フラッシュバック、不眠など、トラウマによる症状が残る場合、心理療法、薬物療法など、専門的な治療を受けることが大切です。

出典: PTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療法 [メンタルヘルス] All About

病院受診を考えるべき心の症状

心の病気は気付かないうちに重症化してしまうことがあるため、早期治療が大原則です。空虚感、不安感、食欲の変化、死にたい気持ちなどの症状が続く場合、病院を受診しましょう。

出典: 震災後のケアに……病院受診を考えるべき心の症状 [メンタルヘルス] All About

被災者・被害者の方への接し方

非常時こそ心のつながりを重視して

困難な状況にあるときに心の支えになれるのは、やはり深く心を通わせたことのある親族や友人です。非常時こそ大切な心のつながりを知り、遠くに住む人に対しても、中長期的に心の支えになっていく方法について解説します。

出典: 災害時は心のつながりを…震災後に考えるべき心のケア [ストレス] All About

理解すべき被災者の「サバイバーズ・ギルト」

安易な慰めの言葉は、相手を傷つけてしまうことがあります。家族や親しい人を亡くした被災者にかけるべきではない言葉を理解しておきましょう。

出典: 被災者の「サバイバーズ・ギルト」を理解するために [ストレス] All About

「どんな言葉をかけるか」に悩むより、「聴き方」に配慮を

被害者の苦しみに寄り添うときには、「かける言葉」ではなく、「聴く」ことに集中することが大切です。「聴く」ために大切な3つの基本姿勢があります。

出典: 被災者の「サバイバーズ・ギルト」を理解するために [ストレス] All About

「助ける側」としてのストレスケアも忘れずに

人への支援は、「長距離走」です。「自分にできることの限界を知る」「気持ちを打ち明けられる人を確保する」など、自分自身のストレスケアも忘れずに、ロングタームで大切な人を支えていきましょう。

出典: 「助ける立場」の人に訪れる危機と必要なストレスケア [ストレス] All About