柳宗理 - バタフライ・スツール

光の当たる加減を見ていると、全体の細かい所まで柔らかな曲線になっていることが分かります。実際に手で触れたくなる、美しいフォルムですね。

出典: #037 日本美を世界に伝えた最初の椅子 [テーブル・椅子] All About

田辺麗子 - ムライスツール

六角形の形、3つの材が交わってできた線、曲げ木の曲線が美しいです。腰掛けとしてだけでなく、簡単なサイドテーブルとしても利用できそうです。

出典: 石川尚のWAKUWAKUプレス・レポート#28:ムライスツール I love chairs 写真集66 [家具・インテリア] All About

長大作 - 低座イス

見ただけで背中とおしりがフィットして寛げそうなイメージが湧きます。木材の部分が温かいですね。

出典: 日本人の椅子「低座椅子」1960年 [テーブル・椅子] All About

豊口克平 - スポークチェア

確かにイスなのだけれど、「イスに座る」という行為をあまり意識させず、どちらかといえば畳の上であぐらをかくような、そんな感覚があります。

出典: 石川尚の一家一脚・椅子物語UP#002 どぉ〜ンとあぐらがかける椅子 [テーブル・椅子] All About

イサム・ノグチ - AKARI

現代美術と日本の伝統に見事に融合した光のオブジェです。上のボリュームと3本の細い脚のアンバランスさが、緊張感とはかなさを感じさせ、和の雰囲気を強めています。

出典: リビングに映える照明2 イサム・ノグチ/AKARI [インテリア照明] All About

内山章一 - エニグマ

ルイスポールセン初の日本人デザイナー内山章一氏の「エニグマ」。アクリルカバーで拡散された光はとても柔らかく、光源も直接目にはいらないようになっています。

出典: 世界が注目する照明デザインの秘密 [インテリア照明] All About

イサム・ノグチ - ノグチコーヒーテーブル

和室に置いても、どこにおいても様になるノグチコーヒーテーブル。際立つ脚のデザインは、美術作品のようで目を惹きつけます…。

出典: 2/3 テーブルの選び方 (8) おすすめリビングテーブル1 [テーブル・椅子] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項