北欧の明かり、徹底した「ヒトへの優しさ」

「照明器具は、絶対に眩しくあってはいけない。」

リンク: 2/2 人にとって快適な照明とは?~ルイスポールセン [オール電化住宅] All About

私たちが実際に見たいものは、光に照らされた人々であり、本のページや、食卓に並んだ料理であって、光源(照明器具)そのものではありません

リンク: 2/2 人にとって快適な照明とは?~ルイスポールセン [オール電化住宅] All About

建築家に尊敬される照明メーカー「ルイスポールセン」

照明が人々にもたらす安心感・幸福感に取り組み続けるルイスポールセン。その魅力の秘密を、インタビューとして語っています。

出典: 人にとって快適な照明とは?~ルイスポールセン [オール電化住宅] All About

ルイスポールセン社の工場見学

ルイスポールセン社のコペンハーゲンショールームと、ヴェイエンという郊外の町にあるオフィスと工場を紹介しています。

出典: ルイスポールセン社の工場見学 [住まいのプロが提案「イエコト」] All About

北欧の巨匠ポール・ヘニングセンの存在

照明器具の生産を始めたのは、1920年代になってから。そのきっかけは、当時の経営者と、一人のデザイナーの出会いにありました。

リンク: 2/2 人にとって快適な照明とは?~ルイスポールセン [オール電化住宅] All About

「多才の人」ポール・ヘニングセン

建築家・作家・ジャーナリストなど、様々な才能を発揮したポール・ヘニングセン。ルイスポールセン社の代表的な「PHランプ」のPHは、彼の頭文字から取られています。

出典: 2/2 人にとって快適な照明とは?~ルイスポールセン [オール電化住宅] All About

1925年に生まれた傑作「PHランプ」

「仮に自由な形ができるとしても、その形には理由がなければならない」

リンク: 2/2 人にとって快適な照明とは?~ルイスポールセン [オール電化住宅] All About

PHランプの良さとは?

緻密に配置された複数枚のシェードは、まぶしい光源の光を穏やかで柔らかにします。また、照明の必要のない場面でも、その作りに見惚れてしまう美しさがあります。

出典: 反射光を意識した北欧の光 PH5ランプ [インテリア照明] All About

下から覗いても「光源」が見えない

直接目をやっても光源は見えず、柔らかい光だけが目に映ります。

出典: 人間への優しさを再認識する北欧のあかり [照明・LED] All About

流行り廃りのない、シンプルで洗練されたデザイン

伝統建築を照らす荘厳な光

こちらの事例はお寺の照明。シンプルで流行り廃りのない洗練されたデザインは、和の伝統建築にも溶け込み、より一層の荘厳さを生み出しています。

出典: 伝統建築と北欧モダンの出会い [照明・LED] All About

日本人デザイナーの照明も

世界各国で発売されている「エニグマ」をデザインした日本人

ルイスポールセン社の照明「エニグマ」をデザインした内山章一氏。こちらのデザインは欧州のプロダクトデザイン賞を受賞するなど、世界的に評価されている照明器具です。

出典: 世界が注目する照明デザインの秘密 [インテリア照明] All About