古民家とは

「古民家」に明確な定義はありませんが、一般的に、建築後50年以上経った民家を、古民家と呼んでいるようです。ひとくちに古民家といっても、農村の民家や町民の民家、武家の民家、庄屋屋敷などのタイプがあり、それぞれの生活様式による違いもあります。

リンク: 古民家再生の事例に見る 古民家の魅力 [古民家] All About

移築再生された築100年の家

新潟県上越市に残っていた古民家を解体、移動し、山梨市の土地に移築した物件です。

出典: 古民家再生の事例に見る 古民家の魅力 [古民家] All About

再生の際に使用した新たな材も、木材は原則として国産材や地元産材が使われています。現代的な空間の使い方と古材のずっしりとした落ち着きがマッチしていて美しいです。

出典: 2/2 古民家再生の事例に見る 古民家の魅力 [古民家] All About

120年住み続けられた茅葺き屋根の家

東京・練馬区に保存されている旧内田家住宅。どなたでも室内に上がって見学可能です。

出典: 改築を重ね120年住み続けられた旧内田家住宅 [古民家] All About

生活に合わせて何度も改築がされているそうですが、その上で外観のバランスや欄間の美しさが保たれているというのは素晴らしいですね。

出典: 2/2 改築を重ね120年住み続けられた旧内田家住宅 [古民家] All About

江戸時代から支え続ける大黒柱

東京・板橋区に保存されている旧田中家住宅。こちらもどなたでも見学できます。

出典: 田の字型プランの古民家「旧田中家住宅」 [古民家] All About

これぞ大黒柱といった印象を与える、中央に立つ柱。どんなに年月が経っても、変わらずにドッシリと構えているような安心感があります。

出典: 2/2 田の字型プランの古民家「旧田中家住宅」 [古民家] All About

今、同等のものは作れない築150年の家

古い建物に、増築した後が見える屋根。人の生活を支えるものとしての家を再認識します。

出典: 今、古民家と同等のものは作れない - All About Good Answers

蛍光灯がなければ、今も生活が続けられている家だとは気付かないかもしれません。

出典: 今、古民家と同等のものは作れない - All About Good Answers

「集落丸山」 古民家集落まるごと一軒の宿

兵庫県・篠山市の里山にある、今までにない全く新しい宿コンセプト「集落まるごと一軒の宿」。フレンチと蕎麦懐石の名店とともに、一棟貸しの古民家が2棟あります。

出典: 集落まるごと一軒の宿 「集落丸山」(丹波篠山) [旅館] All About

こちらは一棟貸しの古民家のうちの1棟。まず目に入る赤いソファー、こんなにも周りとマッチしているのはなぜ?

出典: 2/2 集落まるごと一軒の宿 「集落丸山」(丹波篠山) [旅館] All About

古民家レストラン「隣花苑」 600年もの歴史を刻む建物

横浜の古民家レストラン「隣花苑」。横浜の実業家、原三渓のゆかりの味とこころを受け継いだ料理が堪能できるお店です。

出典: 三溪ゆかりの隣花苑でおもてなし料理を堪能 [横浜の観光・旅行] All About

書籍や博物館でしか見れないような風景に溶け込み、おもてなしの料理を食べられる贅沢。

出典: 三溪ゆかりの隣花苑でおもてなし料理を堪能 [横浜の観光・旅行] All About