みんなは何のために貯めるのかをデータでチェック

目的があれば貯める金額も明確になりますし、モチベーションが高まります。みんなは何のために貯金をしようと思うのでしょう。まずは統計データをもとに、貯金の目的とお金を貯めることのメリットをチェック!

お金はどうして貯めなきゃいけない?

貯めなきゃ!と思いながらも、なかなか貯まらないのは、目的があいまいだからです。この際、ハッキリさせちゃいましょう! 目的を決めるのが、やる気アップの秘訣です。

出典: お金はどうして貯めなきゃいけない? [預金・貯金] All About

使う目的がない人も、やっぱり貯金はあったほうがいい!

使う目的がなければ貯金は不要、なんてことはありません。お金は現実的で目に見えるものですが、貯金があることで心や人生に余裕が生まれます。

あなたが“貯金”をする意味は何ですか?

貯金は何のためにするのでしょうか?無欲であればお金が貯まる、そういうわけでもないようです。また、貯金がないと、今後予測しえない事態が起きたり、自分の夢をかなえたいときに十分対応できないことが起こりそう。あなたが貯金をするのはなぜですか?

出典: あなたが“貯金”をする意味は何ですか? [お金を貯める体質改善ノート] All About

リタイア後の人生は平均で25年以上。準備はどうする?

使う目的もないし安定した収入があるから貯金なんか必要ない、という人も知っておきたいのが老後のお金。日本人の平均寿命は男性が約80歳、女性が約87歳。年金給付額の減額や、給付開始年齢の引き上げが想定されるいま。貯金がなくてリタイア後の生活は成り立ちますか?

老後の生活費26万円 貯蓄額2103万円

老後の不安のひとつはお金の準備。いくらあったら安心できる? 毎月いくら使っていく? 老後資金の希望と現実はいかに!?

出典: 老後の生活費26万円 貯蓄額2103万円 [定年・退職のお金] All About

老後の生活費と必要な貯蓄額の理想と現実

老後の生活費と必要貯蓄額について、20~50歳代が考える金額と、老後生活の真っ只中にいる世帯の実態をご紹介します。

出典: 老後の生活費と必要な貯蓄額の理想と現実 [定年・退職のお金] All About

老後資金は本当に3000万円も必要?

フィデリティ退職・投資教育研究所が、20代~50代の現役サラリーマン男女1万人を対象に、退職準備に関するアンケート調査を行いました。「公的年金以外に退職後の生活に必要な資金はいくらくらい」の設問に対する回答の平均は3016万円。やはり老後資金は3000万円必要なのでしょうか。

出典: 老後資金は本当に3000万円も必要? [定年・退職のお金] All About

もう始めるべき!? 30代の老後資金づくり

現代人にとっての最大の課題は「老後」かもしれません。先の見えない社会保障制度、進む一方の高齢化、長寿社会と表裏一体の介護や寝たきりの問題、等々。では、その備えは若いうちからしておくべきでしょうか……。先立つものとしての老後資金、30代はいかに考えるかをレクチャーします。

出典: もう始めるべき!? 30代の老後資金づくり [マネープラン] All About