まずは制度を正しく理解することから始めよう

CMや広告などで、見かけたことがある人も多いはず。でも、それだけでは制度の仕組みは理解できません。活用するためには、基本的な情報をしっかり入手してきちんと理解することが重要です。

NISA(少額投資非課税制度)を上手に活用しよう

証券優遇税制が平成25年末で終わるのを受け、平成26年からNISA(少額投資非課税制度)が始まりました。NISA口座のメリットとデメリットなど、仕組みの概要を理解しましょう。

出典: NISA(少額投資非課税制度)を上手に活用しよう [節税対策] All About

資産形成層こそNISAを活用しよう

NISA(日本版ISA、少額投資非課税制度)の非課税枠は年間100万円で、最高500万円まで。500万円の資金をリスク商品で運用できるとなると、「これは富裕層向けの優遇税制?」と思う人もいるでしょう。でも、NISAは資産形成層にこそ有効に活用してもらいたい制度でもあります。

出典: 資産形成層こそNISAを活用しよう [投資信託] All About

始める前には制度の概要と投資の基本を正しく知っておこう

「政府広報オンライン」でもNISAの特集ページを公開しています。制度の仕組みはもちろん、投資の必要性やリスクなどを簡単に説明していますから読んでおくと参考になります。

出典: 新しい投資優遇制度「NISA(ニーサ)」がスタート!将来に向けた資産形成を考えるきっかけに:政府広報オンライン

NISA口座を開設する前に知っておきたいポイントは

仕組みが理解でき口座を開設しようと思った人に、もうひとつやって欲しいことがあります。それは投資スタンスを明確にし、どの金融機関に口座を開けばいいのかを自分で選ぶことです。1人1口座しか開けませんから、失敗しないよう選ぶポイントを理解しておきましょう。

話題の「NISA」登場で、変わる投資スタンス

新たに始まった税優遇制度のNISA。しかし、これを活用するには細かなルールや制約があるようです。したがって、中身を理解していないと、投資で思わぬ損をしかねません。今後の投資の方向性を左右する新制度を解説します。

出典: 話題の「NISA」登場で、変わる投資スタンス [10万円からのボーナスの増やし方入門] All About

いよいよNISA口座始動!どこに開くのが最適か?

2014年から始まった少額投資非課税制度、NISA。自分に合ったNISA口座を開くためには、NISAについてしっかりと知識を得ておくことが大前提です。NISAを上手に活用する方法をしっかりと学びましょう。

出典: いよいよNISA口座始動!どこに開くのが最適か? [証券会社・ネット証券会社] All About