1. 老後資金づくりってどれくらい大変?実態を知ろう

最初のヒントは、老後資金づくりの実態を知ること。必要なのは3000万円とも5000万円とも言われますが、実際にそんなに用意できるものなのでしょうか? アンケートから探ってみました。

老後資金の準備額ゼロの会社員が4割も!

会社員の多くは、厳しい老後生活が待っているとイメージしつつ、老後資金の準備を進めているようです。でも、老後資金をまったく用意していない会社員が4割もいるという衝撃的な調査結果も。この人たちは将来、老後難民になってしまうかも……。あなたは大丈夫?

出典: 老後難民予備軍は会社員の4割!どうなる老後 [マネープラン] All About

2. 老後資金づくりはいつ始めるのが正解?

2つめのヒントは、老後資金の準備はいつから始めればよいか。すぐ始めるに越したことはありませんが、いま30代か40代かで、押さえるべきポイントは異なります。

30代:今から貯蓄意識を培うことが老後をラクにする

得てして30代は、目先の教育資金や住宅資金の準備に追われている時期。そんな人はいったん老後資金づくりをスルーしてOK。でも日々、貯蓄意識を培っておくことは大切です。余裕があるときは月数千円でも積み立てができたら、それが安心につながるかもしれませんね。

出典: もう始めるべき!? 30代の老後資金づくり [マネープラン] All About

40代:現実的な目線で老後資金づくりを具体化すべし

40代に入ると、残り約20年の収支が見えてきます。現実目線で積み立てを具体化していきましょう。この時期に始められるかどうかが、バラ色老後かグレー老後かの分かれ道です。

出典: 2/2 40歳超世代のバラ色老後の作り方 [賢く生きる3分間マネーハック] All About

3. 老後資金はどうつくる?早く始めるほど選択肢が多い

3つめのヒントは、より具体的な老後資金のつくり方です。早く始めるほど積み立てる時間が長くとれ、商品の選択の幅が広がります。

老後資金を着実に貯めるための4つのポイントとは

老後資金づくりは短期決戦ではできず、長い時間をかけてコツコツと積み上げていくしかありません。その貯蓄商品の選び方には4つのポイントがあります。毎月貯めること、取り崩さないこと、そして……!?

出典: 現役時代から始める、老後のお金の上手な貯め方 [定年・退職のお金] All About

お金に働いてもらうことで老後資金づくりをスムーズに!

老後資金をつくるには、現役時代の「収入を増やす」「支出を減らす」ことも必要ですが、「お金に働いてもらう」ことも大切。お金に働いてもらうことで、5000万円の老後資金を自力でつくることも可能なのです。様々な運用シミュレーションはリンク先の記事でチェック!

出典: あなたにもできる!自力で作る老後資金5000万円 [定年・退職のお金] All About