インテリアの落ち着かない色づかい

赤色(暖色)に近いほど筋肉は緊張する

家で落ち着くことができない、やる気はあるのに仕事や勉強がはかどらない、そんな経験があるなら、室内に原因があるのかもしれません。赤色は血圧を上げ、青色は下げるなど、それぞれ心身に影響があるのです。

出典: ストレスを生み出さない家づくり! 部屋の色が健康に影響する?! [住宅設計・間取り] All About

色の影響力を効果的に活用するには

黒は自信を与え、シルバーはリラックスをさせる…など、色の持っている影響力を知ることで、気分転換にも利用できます。ここではその効果と活用法を紹介しています。

出典: 2/2 あなたの携帯はどんな色?色の効果の活用術 [カラーコーディネート] All About

通気が悪く、カビが家具・家電の裏側に…

水まわりのカビが気になるという方が多いのではないかと思いますが、それ以外の場所は、あまり意識をしている人がいないよう……。

リンク: カビは水周りだけに生えるわけではない~住まいの盲点 [掃除] All About

カビが原因で起きる病気はこんなに…

カビはどこにでもいて、さまざまな病気の原因になります。ヒトに影響するカビはさまざまで、水虫もおむつかぶれも原因はカビです。カビが原因で起きる病気一覧と、気をつけるべき症状について解説しています。

出典: 咳が止まらないのはカビのせい? 夏型過敏性肺炎 [アレルギー] All About

カビ対策の6つの視点

今あるカビの対処法から今後の対策まで、知っておきたい6つの視点を紹介しています。

出典: 病気の原因、家の寿命を短くする…『湿気』の対策6つの視点|All About(オールアバウト)

太陽光が入りにくく、照明だけで済ましている

光量不足はうつの要因とも言われる

憂うつが高まって気分が晴れない、ひとつのことを悶々と考えてしまう…。ひょっとして最近、日光をあまり浴びていないのでは?不安や憂うつを晴らし、気持ちを安定させたいなら、やはり朝型の生活パターンにしたいですね。

出典: 2/2 憂うつな気分は「太陽の光」で解消! [ストレス] All About

積極的に太陽光を浴びるための工夫

夏の太陽光に比べ、平均的なオフィスの照度(光の量)は約200分の1しかありません。オフィスに1日中座ることもあるような生活では、積極的に太陽光を浴びる工夫が必要です。

出典: インテリアでうつに克つ [家具・インテリア] All About

眠りを浅くする、明るすぎる照明

メラトニンは明るさに反応します。例えば夜、ベットルームが明る過ぎるとメラトニンが抑制され、眠気が覚めたり睡眠が浅くなったりするのです。すると当然昼間に眠気が襲ってきます。

リンク: 健康に役立つ 眠れない人のための照明器具 [照明・LED] All About

安眠できる寝室照明とは

「~畳用」とのみ書いてある照明器具では、寝室は明るすぎることになります。寝室の照明計画を考える際の、3つのポイントを紹介しています。

出典: 安眠できる寝室照明1 [照明・LED] All About