1. 基本的には、不満を持ったらすぐ話すルールにしておく

まずは普段から、相手への不満をすぐ伝えるようにカップル間でルールをつくっておきましょう。そうすれば、気まずい瞬間に自分からも相手からもすんなりと切り出すことができるはず。

出典: 恋人と良い関係を保つには、不満を素直に伝えよう [恋愛] All About

2. ケンカならまず謝る、その後落ち着いて話し合いを。

ケンカしたときは「どれだけ相手が悪いか」ということを考えがちですが、とりあえず自分側の原因だけ整理して謝るようにしましょう。その後、問題の本質については冷静に話しあえばよいのです。

出典: 恋人とケンカしたあとに仲直りをする方法 [恋愛] All About

3. 自分が原因ではないときは、同調するか話をそらす

恋人がなんだかご機嫌斜めになってしまった…自分が原因でないとハッキリ分かる場合は、「そうだね~」と同調してあげるか、他の話題で話をそらすようにしましょう。具体的なやり方をチェック!

出典: 機嫌の悪い恋人を喜ばせる方法 [島田佳奈の恋愛コラム] All About

4. 自己中タイプの彼に、正面から不満を言うのはNG

自己中で短期な彼の場合は、ちょっとした不満でも正面から伝えるのはやめたほうがよいでしょう。キレてデートが台無しになってしまうことも…。様子を伺って、慎重に対応することを心がけましょう。

出典: 自分が最優先!自己中心的で短気な彼氏 [恋愛] All About

5. 黙るタイプ×言うタイプの相性が◎。相手によって出方を伺うのもアリ。

ケンカなどのときに、カップルの片方が「黙りこんでしまうタイプ」、もう片方が「積極的に言うタイプ」の組み合わせが、同タイプのカップルよりも相性が良いです。お互いに影響しあってちょうど良いバランスをとれるのです。相手がどちらのタイプかを見極めて、自分の出方を考えるのが賢い選択かも。

出典: 4/4 怒った時、黙る? 言い包める? でわかる相性 [恋愛] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項