1.相手の金銭感覚を事前に確認する

「生活費どれくらいかかるかな?」という話は、必ず同棲前にしておきましょう。話の中から、相手の金銭感覚がわかると思います。あまりにもずれるようなら、同棲は考えなおした方がよいかも。

出典: お金のシュミレーションで、相手の金銭感覚を把握する [恋愛] All About

2.費目と金額のシミュレーションして分担を決める

費目はどんなものが想定されるのか、それぞれどれくらいかかるのか、これは折半なのかそれぞれ払うのか…といったことは、必ず話しあいましょう。

出典: どんな同棲理由でも、準備しておくことは「お金」の話 [恋愛] All About

3.食費は外食・自炊のバランスに応じて払い方を工夫する

外食なら折半は簡単ですが、難しいのが自炊。買ってきてくれた方や作ってくれた方にいくら払う、など、自炊の場合のルールも決めておいたほうが良いですね。

出典: 結婚前提の同棲なら、この2点を必ず済ませておく [恋愛] All About

4.引き落としは専用口座を、片方の口座はトラブルの原因に…

家賃や公共料金などは口座引き落としであることが多いですが、元々持っている片方の口座からの引き落としにしてしまうと、片方が払わなかったりトラブルになりがち。同棲専用の口座を作って、そちらに二人で入金する方法がおすすめです。

出典: 同棲生活で一番のトラブル! お金の負担ははっきりと [恋愛] All About

5.万が一のために、貯金はそれぞれしておく

同棲は結婚を前提に行うことが多いですが、結婚には至らず別れてしまう可能性もありますよね。そのときには同棲を解消しなければなりませんが、そのとき一人暮らしを始めるための初期費用が必要になってきます。いざというときにお金が無く引っ越したくても出られない…という事態にならないように準備しておきましょう。

出典: 同棲するためのコツは、ルールを決めておくこと! [恋愛] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項