1959年、イギリスで誕生

20世紀後半を支えた名大衆車

MINIブランドの誕生は1959年。ゆうに50年を超える歴史を持つ超伝統ブランドです。経済的な4人乗りの大衆車として開発され、長らく英国で愛され続けました。いまでもたまに街中で見かけることがありますが、あの小さなフォルムでトコトコ走る姿は日本人も好きなはず!

出典: みんなにおススメ、何物にも代え難いミニ [MINI] All About

2001年、BMWの手によってニューMINI誕生

いま街中でよく見かけるのは実はドイツ車

そんなイギリス生まれイギリス育ちのMINIに関する権利をBMWが取得。ゼロから作り直したものがいま街中でよく見かけるMINIなんです。ドイツ色に染まったかと思いきや、製造はMINIの伝統を重んじ、いまもイギリスで行われているそう。

出典: みんなにおススメ、何物にも代え難いミニ [MINI] All About

BMW製MINIはもうすぐ三代目のお目見え

BMWによって往年のMINIを現代風にアレンジ! 初代MINI

当初はBMW傘下のローバーがイギリスで開発を進めつつ、途中で立ち行かなくなり、開発拠点をドイツに移し……など紆余曲折の末、2001年に発売された初代。FR(後輪駆動)のスポーティな走りのクルマがウリのBMWにとって、初めてのFF(前輪駆動)のクルマとなりました。

出典: CAR ESSAY MINIクーパーSのAT車! [MINI] All About

ドイツ色強まった二代目MINI

初代はBMWとクライスラー共同開発のエンジンでしたが、二代目からはオールBMW製。初代のゴーカートのような走り心地はやや薄まり(といっても十分にあるのですが)、乗り心地はよりマイルドに。このあたりの好みは人それぞれですが、より多くの人に受け入れられやすくなったのではと。

出典: そのものが魅力、従来的価値観とは一線を画すミニ [MINI] All About

2013年、東京モーターショーで発表! 待望の三代目MINI

2013年の東京モーターショーで発表された最新となる三代目MINI。デザインはばっちりキープコンセプト。中身は劇的に進化しており、パワフルになったのに燃費が上がっていたり、様々な機能が追加されています。また、サイズも少し大きくなり、日本の規格でいくと「3ナンバー」の仲間入り。ディーゼルモデルがラインナップにあるのも注目です。

出典: MINI Japan - THE NEW MINI. THE NEW ORIGINAL.

多彩で個性的で魅力的すぎ! MINIファミリー6兄弟

ワゴンタイプでグッと実用性増した「クラブマン」

1960年代、狩猟用のワゴンのボディ形状を指すイギリス独特の「シューティングブレーク」として生まれたカントリーマンやトラベラーといったミニシリーズ。その流れを汲み、現代に蘇ったのがクラブマン。といっても現代では狩猟用ではなく、実用車としての価値が光ります。ダックスフントを思わせるフォルムにも惹かれます。

出典: ミニクラブマンは実用的なmini [MINI] All About

ミニ×オープンが楽しすぎる「コンバーチブル」

ただでさえ運転が楽しいミニのオープンカー仕様。ヒートシーターなどがあれば、雪の中でも問題なし! ミニとのドライブをより一層、文句なしで楽しめるモデルです。ルーフを閉めた時の、オープンカーであることを忘れてしまうくらいの快適さも嬉しいですね。

出典: Always Openで楽しむミニコンバーチブル [MINI] All About

ファミリー待望!ミニ初の4ドア「クロスオーバー」

ミニの購入を検討する際にふと立ちはだかる「2ドア」の壁。そう、お子さんをお持ちのファミリー層にとってはここでためらう方も多いはず。そんなニーズに答える形で登場したのがクロスオーバー。海外ではカントリーマンと呼ばれていますが、日本では諸般の事情でこの名前になったそう。

出典: ミニの顔をしたファミリーカー、クロスオーバー [MINI] All About

ファッショナブルでスペシャルな2シーター「クーペ」

ただでさえスペシャルな存在であるミニの、さらにスペシャルなモデルがこちらのクーペ。家族向けのクロスオーバーとは真逆をいく、コダワリ派の一台です。デザインに加え、走り心地も元来の「ゴーカート風味」全開。ただし、乗り心地はかなりハード。いろんな意味で刺激的なモデルです。

出典: フラットライド感も納得のデザイン、ミニクーペ [MINI] All About

クーペがあるなら……もちろんあります「ロードスター」

ミニがあって、コンバーチブルがある。ではクーペがあるなら……そう次はクーペ×オープンのロードスターの出番ですね。スポーツカーは音が命。帆を開き、スポーツモードに切り替えてアクセルを踏めば、背後から擬似バックファイア音が響く、なんて粋な演出も。

出典: これぞ“ニュー”ミニ! 6番目の弟分、ロードスター [MINI] All About

2ドア→4ドア→2ドアで生まれた「ペースマン」

2ドアのベーシックなミニに、4ドアの実用性を持たせ少し大きくなったクロスオーバー。そのクロスオーバーをベースに作られた2ドアがペースマンです。なんだかよく分からなくなってきましたが、このクルマを買うか買わないかは、もはやパッと見が好きか否かで決まるかもしれません。

出典: “カタチが好き”だからミニ ペースマン [輸入車] All About

そんな憧れのミニで街を駆けるのも夢じゃない?

中古車であれば二代目のMINIがなんと100万以下!

2014年に三代目が発売となるMINIですが、二代目であれば中古車で100万以下のものが見つかります。外観・内装のバリエーションも実に豊富なMINIなので、お気に入りにすぐに出会えるかどうかは分かりませんが、新車の軽自動車並みの価格で買うこともできるということ、MINIを検討している人はぜひ頭の片隅に留めておいてください。

出典: 個性派コンパクトの現行型ミニが100万円以下から! [中古車] All About

借りるだけならもっともっとお手軽!

カーシェアリングを使えば数百円でMINIを借りられる!

乗り味が自慢のMINIに乗ってみたい……。もちろんディーラーに行けば試乗可能ですがちょっと敷居が高いですよね。そんな方におすすめなのが、カーシェアリング。一部のカーシェアリング会社では、MINIを貸出しています。15分、わずか数百円で利用可能なので気になる人はぜひお試しアレ!

出典: MINI Japan - カー・シェアリング・サービス

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項