まずは医療保険がなくとも公的な保障があることを知ろう

医療保険は病気やケガの治療費をカバーするもの。しかし、ほぼすべての人が健康保険という、公的な保険に加入しています。まずはその「実力」を知った上で、医療保険を考えてみてはどうでしょう。

病気、失業、自然災害……困ったときの公的手当

私たちの暮らしには、病気、ケガ、失業、死亡、自然災害の被災などで通常の生活が営めなくなることがあります。そんなときの支えの一つが公的手当です。どんな手当があるのかまとめました。

出典: 病気、失業、自然災害……困ったときの公的手当 [公的手当] All About

高額保障の医療保険のニーズは低下して行く

厚生労働省は高額療養費の見直し案を公表しました。年間の医療費の自己負担額に新たに上限を設けて、がんや難病で長期にわたって医療費がかさむ患者の負担を軽減するのが狙いのようです。2014年度の実施を目指していますが、実施されれば私たちが加入する医療保険の保障の見直しにもつながると思われます。高額保障の医療保険に加入するインセンティブは低くなると予想されます。

出典: 高額保障の医療保険のニーズは低下して行く [マネーHOTトピックス まとめ読み] All About

自分が加入している医療保険を見直してみる

自分の死亡保障額は知っていても、医療保障の額は知らない(または、あいまいに覚えている)という人が意外に多いようです。保険料は結構高いのに、今の自分にはマッチしていない。気が付くと、そんな保険になっているかもしれません。

失敗しない医療保障の見直し方

既に医療保険に加入しているのであれば、保障を見直さなければならないことはありませんが、次から次に出てくる新商品は気になるところです。新たな医療保険に加入したくなった時に、どのように考えたらよいかポイントをまとめてみました。

出典: 2/2 失敗しない医療保障の見直し方 [医療保険] All About

夫婦の医療保険をどう考える?

保険の見直しの相談をお受けしていると、「そもそも病気になったら、どれくらいの日数入院するのでしょうか?」という質問も多くいただきます。今回は、入院日数の傾向と医療保険の考え方について解説します。

出典: 夫婦の医療保険をどう考える? [ふたりで学ぶマネー術] All About

どうする?15年前に加入した医療保険

15年前というと、現在40歳前後の人にとっては社会人になって間もない頃でしょう。当時加入した医療保険は、今でも安心できる保障内容になっていますか?保障見直しの必要性について考えてみました。

出典: どうする?15年前に加入した医療保険 [医療保険] All About

どうせ入るなら保険料はやはり抑えたい

病気になろうとなるまいと、毎月一定額が差し引かれる医療保険料。できれば、安いに越したことはありません。しかも、保障内容は同じか今よりも手厚くて、それでも割安となれば……。保険料を賢く抑える保険選びのヒントをお教えします。

保険料が魅力!ネット生保で医療保険を選ぶポイント

インターネットからも気軽に医療保険へ加入できる時代になりました。保険会社や代理店の営業担当者と会う必要がなく、夜中でも加入手続きができる便利な方法です。しかし、注意が必要な点もあります。ネット生保等で医療保険を選ぶ際のポイントをまとめてみました。

出典: 保険料が魅力!ネット生保で医療保険を選ぶポイント [医療保険] All About

保険料の節約には禁煙や運動が効果的!?

健康のために禁煙した、あるいはそもそもタバコは吸わない、そして、健康な人は、新規加入時や見直し時に、ある保険を使うと保険料の節約ができるかもしれません。ある保険とは、一部の生命保険会社が一部の商品に取り入れているリスク区分型と呼ばれる保険です。どんな保険かを知っておきましょう。

出典: 2/2 保険料の節約には禁煙や運動が効果的!? [生命保険の見直し] All About

自分でなかなか選べないなら、プロに相談しよう

内容が難しい、自分で調べるのが面倒など、保険の見直しのハードルは決して低くはないようです。しかも、医療保険は進化する医療技術や変化する保険制度ととも深く関わっていますから、なおのこと。ならば、専門家に相談してみませんか。

保険見直しの相談先、来店型と訪問型の違い

ふた昔くらい前までは、保険といえば、セールスレディと呼ばれる営業職員に勧誘されて契約するものでした。でも、販売窓口の多様化で、今はいろいろな経路で契約ができます。その方法は大きく分けて、「対面販売」と「通信販売orネット販売」。今回は対面販売にスポットを当て、どんな売り方をしているかを見てみましょう。

出典: 保険見直しの相談先、来店型と訪問型の違い [生命保険の見直し] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項