1.「恋人が欲しい!」と周囲に宣言する

恋人が欲しいのであれば、その旨をまず周囲の人に話しておきましょう。「あ、あの人いま恋人居ないんだ」とちゃんと認識して異性を紹介してくれたり、密かにあなたを想っていた人からアプローチもされるかも…?

出典: あなたに恋人ができない5つの理由 [大木隆太郎の恋愛コラム] All About

2.合コンなどのお誘いには、すかさず「行く!」と返事

合コンや飲み会、イベントなどのお誘いに「行く!」とすぐ返事ができる人はそれだけで出会いが多い人です。「誘いやすい人」と思ってもらえれば、自然と様々なお誘いが舞い込んでチャンスも増えることまちがいなし。

出典: 彼氏ができやすい人の出会い方 [相沢あいの恋愛コラム] All About

3.最初から、恋愛対象として「アリ」「ナシ」と決めつけない

出会った瞬間に「この人はアリ、この人はナシ」と決めてしまうことってよくありがちですが、ナシと思ってた人が話してみたら意外と気の合う人だったということも。「自分だけの思い込み」は捨ててしまったほうがチャンスも広がりますし、気持ちも軽くなりますよ。

出典: 2/2 ありきたりな出会いを運命の恋に変える! [石田陽子の恋愛コラム] All About

4.社内や仕事関係もルールを決めれば全然アリ

案外、3割くらいの人は社内や仕事関係の人との恋愛を経験済みだとか。しかし、会社でも顔を合わせたり取り引きがあったりするので、ちゃんとバランスをとらないとうまく行きにくい側面もあります。“大人の社内恋愛”をはぐくむコツをご紹介!

出典: 社内恋愛をはぐくむ、4つのポイント [吉戸三貴の恋愛コラム] All About

5.「友達モード」→「一線を超えても良さそう」とイメージチェンジさせる

異性の友人として仲良くなって恋仲になるチャンスを逃した場合、その「友達モード」を崩して「一線を超えてもよさそう」な雰囲気をつくる必要があります。服装や行動を変えてアプローチする方法をチェック!

出典: 2/3 仲の良い友達から、恋人に発展することはできるか? [西郷理恵子の恋愛コラム] All About