浅草では江戸のソウルフードともいえる“そば”をたぐりたい

漫画『美味しんぼ』でもツユが日本一だと紹介された「並木藪」

創業は1913年(大正2年)という老舗そば店。『美味しんぼ』の第2巻「そばツユの深味」に登場するお蕎麦屋さんはこちら。温かいツユに細切りの蕎麦をつけていただく。濃いつゆに先っちょを少しだけつけて一気にすすりこもう。口いっぱいにそばのおいしい香りが広がるはずだ。

出典: 浅草・上野を半日で巡る!東京名所の歩き方 [東京の観光・旅行] All About

庶民的な価格がうれしい「翁そば (おきなそば)」

創業は1914年(大正3年)という老舗。人気の理由はリーズナブルな価格。しかも、量が多い。そのため、庶民に愛され続けているのだ。こちらのお蕎麦は幅広で食べ応えがある。夏のおすすめは「冷やしきつね」500円、冬のおすすめは「カレー南ばん」650円。

出典: 浅草のひと癖ある老舗飲食店をめぐるお散歩 (全文) [散歩] All About

文豪、永井荷風が食べ続けた「尾張屋」の“かしわ南ばん”

荷風は浅草に来ると同じ店に通った。そのひとつが尾張屋。いつも同じ席に座り、同じメニューを食べていた。それは「かしわ南ばん」。肉厚な鶏肉と長ネギを堪能したいところ。おそばだけではなく大振りの海老天がのった天丼も人気メニューだ。

出典: 浅草で懐かしい遊びスマートボールを堪能! [散歩] All About

懐かしい洋食の味を今も残す老舗が多い浅草

行列のできる洋食店『ヨシカミ』でも懐かしいオムライスを

いつも行列ができている人気店。ヨシカミといえばビーフシチューが有名だが、こちらのオムライスも絶品! ハム、玉ねぎ、マッシュルームなどの具材が入ったケチャップライスが薄焼き卵に包まれている。まさにオーソドックスなタイプのオムライスといえる。また、接客も素敵で、楽しく料理がいただける。

出典: ヨシカミ 浅草店(浅草/洋食) - Retty

老舗洋食店『ぱいち』で日替わり定食をいただこう

一杯飲み屋として創業。「いっぱい」をひっくり返した「ぱいち」が店名になった。洋食屋さんに転業したのは1936年(昭和11年)のこと。メディアなどでよく取り上げられる人気店だ。こちらもビーフシチューが有名だが、おすすめは1000円前後で提供される日替わり定食。メインはもちろん、ご飯やお味噌汁なども老舗らしい丁寧な仕事ぶりがうかがえる。

出典: ぱいち(浅草/洋食) - Retty

とろとろのお肉のビーフシチューがうれしい「フジキッチン 」

「ビーフシチュー」3100 円が有名なお店だが、「タンシチュー」3100 円も絶品。どっちにしようか悩むところだが、大丈夫。「タンとビーフのミックスシチュー」3100 円というのがある。これ、おすすめ。他にも「シチュウドハンバーグステーキ」1500 円なんてものもあって、これもおいしい。「ライス」250 円にも「ロールパン」300 円にも合う。
メニューの写真

出典: フジキッチン (FUJI KITCHEN) (浅草/洋食) - Retty

やっぱり浅草に行くなら「天丼」だという人は多い

天丼のお店『まさる』で最高峰の江戸前天丼を

雷門のほど近くにある昭和22年創業の人気店。築地から仕入れた、朝どれのネタのみを使い、タレやご飯にまでこだわった究極の天丼がいただける。人気の「大入江戸前天丼」3700円はメディアでも多く紹介されたため行列必至。また、材料がなくなり、早じまいすることも多い。

出典: まさる(浅草/天ぷら) - Retty

『大黒屋』で「えび1、きす1、かき揚げ1」の天丼を

行列ができる人気の天ぷら屋さん。天丼は2種類あって、「えび1、きす1、かき揚げ1」「えび2 かき揚げ1」。そして、海老天丼というのが、「えび4」。昔ながらのどっしりした天ぷらが旨い! いつも行列ができている。

出典: アイドル温故知新、浅草~秋葉原散歩 [散歩] All About

どんどん食べられる『天婦羅 天健』の天丼

江戸前の天丼ということで野菜は少な目で魚介が多め。ちょっと重いかなと思えるビジュアルだけれど、意外にどんどん食べられてしまうし、食べた後で胃がもたれることはない。

出典: 天婦羅 天健 (てんたけ) (浅草/天ぷら) - Retty

『葵丸進』でボリューミーな“金龍かき揚天丼”を

雷門通りにある『葵丸進』。どこか懐かしさを感じるお店。こちらのかき揚げ天丼はものすごいボリューム。でも、意外と食べられちゃうのは油切れがいいからか。天ぷらのお土産も売っているのでテイクアウトもいいかも。

出典: 浅草から合羽橋、上野、秋葉原 昭和を歩く [散歩] All About

昼から飲めるホッピー通りの居酒屋

韓国風牛スジ煮込みがおいしい『鈴芳』

韓国風牛スジ煮込みがおいしいホッピー通りの居酒屋さん。生ホッピーが白、黒の両方提供されていて、ハーフ&ハーフも注文可能。煮込み系、焼き鳥系、揚げ物系なんでもおいしい。

出典: 鈴芳 (すずよし) (浅草/居酒屋) - Retty

浅草に来たら寿司くいねぇ!

創業1866年(慶応2年)の老舗寿司店『弁天山美家古寿司 総本店』

江戸前寿司の伝統を守り続けている老舗の寿司店。煮きり、ツメ、ヅケ、酢〆、昆布〆など古典的な技法を今もなお頑なに守りつづけている。コースもあるので、お会計的に安心して食べられる。

出典: 弁天山美家古寿司 総本店(べんてんやまみやこずし) (浅草/寿司) - Retty

鯖と穴子寿司の名店『468』

「468」の読み方は「ヨーロッパ」。カウンター6席のみの狭いお店でいただくのは、サバ寿司と穴子寿司。珍しい芋吸が絶品。いろいろな意味で個性的なお店だけれど、お寿司の味は保証付き。

出典: 468「芋吸が絶品。カウンター6席のみの「468」さん。店名、...」:浅草

中華の名店も実は多い

“純レバ”がおいしい『味の工房 菜苑 本店』

千束通りに入ってすぐにある中華料理のお店。こちらの名物は「純レバ」。レバーの臭みはいっさいない。これをご飯にかけた「純レバ丼」も人気だ。また、「アレ」というナゾのメニューもある。何が出てくるかは、頼んでみてのお楽しみ。

出典: 味の工房 菜苑 本店(浅草/中華) - Retty

浅草はすき焼きの老舗もいっぱい

メニュー名は“牛鍋”『米久本店』

すき焼きの原点ともいえる昔ながらの牛鍋が座敷でいただけるお店。メニューはこの牛鍋のみ。割下は甘すぎず、お肉の味を際立たせている。とろけるような肉は一度食べたら忘れられない味だ。

出典: 米久本店(よねきゅうほんてん) (浅草/すき焼き) - Retty

お好み焼きの老舗もある

高見順の小説「如何なる星の下に」にも登場する『浅草染太郎』

創業は1937年(昭和12年)。まずは、歴史のあるたたずまいに驚かされる。変わっているのは「しゅうまい天」630円。生地とともに、ひき肉、玉ねぎ、お餅が出てくる。お好み焼きにして醤油をかけて食べるもの。焼売とはまったく別物。ステンレスのお皿で出てくる「五目焼きそば」630円はお皿ごとそのままひっくり返して蒸し焼きにする。

出典: 浅草染太郎 (あさくさそめたろう) (浅草/お好み焼き) - Retty

やっぱり“うなぎ”が好き!

平日でもなかなか予約が取りづらい『初小川』

1907年(明治40年)創業の老舗。老舗というとなんだかすごい門構えの店を想像してしまうが、浅草の老舗あるあるとでもいおうか、外観だけだとごく普通のお店。こちらも町に溶け込んだ何気ない入り口。しかし、その実態はうなぎの名店だ。「鰻重 中」2900 円「鰻重 上」3900 円とリーズナブル。それでいて身のやわらかいおいしいうなぎがいただける。

出典: 初小川 (はつおがわ) (浅草/うなぎ) - Retty

文久元年から受け継がれた絶品鰻がいただける『うなぎ 色川』

創業は江戸時代の1861年(文久元年)、長年にわたって愛され続ける老舗店だ。うな重は「ふつう」3000円、「たっぷり」4100円の2種類。ふわトロのうなぎは絶品。行列必至の人気店だ。

出典: うなぎ 色川(浅草/うなぎ) - Retty

隅田川を見ながら食べる鰻が旨い『鰻 駒形 前川』

創業は文化・文政年間(1804年 - 1830年)というから約200年前だ。隅田川が前にあるから「前川」という屋号がついたのだとか。江戸時代から明治頃まではお客さんは舟でやってきたという。隅田川を一望できる座敷でいただく、伝統のうなぎは格別。

出典: 鰻 駒形 前川 (まえかわ) (浅草/うなぎ) - Retty

実はラーメンの名店も!

煮干しの風味をしっかり感じる『中華そば つし馬』

“青森煮干し中華そば”というちょっと聞きなれないジャンルのラーメンだけれど、一度食べれば中毒になること間違いない。おすすめは「バリ煮干しそば」800円。醤油スープの中に力強い煮干しの風味が押し出されている。これがもちもちの麺によく合う。トッピングのメンマとチャーシューもおいしい! シンプルだけど濃厚なので、ご飯と一緒に食べるのもまた良い。

出典: 中華そば つし馬(浅草/ラーメン) - Retty