まずは、オーソドックスな結び方を知っておきましょう

初心者がネクタイの結び方でまず覚えるべきプレーンノットの結び方

まずは、もっとも一般的な結び方です。就活生は、とりあえずこれだけ覚えていれば問題ないでしょう。

出典: ネクタイでまず覚えるべきプレーンノットの結び方

ネクタイの結び方その2 ウィンザーノット

大きめのノットが結べるウィンザーノットは、元英国皇太子エドワード八世を意味する「ウィンザー公」の名を拝借しています。

出典: 【ネクタイの結び方2】ウィンザーノット [スーツ・ジャケット] All About

ネクタイの結び方その3 セミウィンザーノット

プレーンノットとウィンザーノットの中間の大きさに仕上がります。

出典: 【ネクタイの結び方3】セミウィンザーノット [スーツ・ジャケット] All About

ネクタイの結び方その4 ダブルノット

プレーンノットの巻きつけを二重にするので、ノットはかなり大きくなります。襟羽根の大きいシャツに合わせるようにしましょう。

出典: 【ネクタイの結び方4】ダブルノット [スーツ・ジャケット] All About

ネクタイの結び方その5 クロスノット

一般的にタイは大剣を結び回して仕上げますが、この結び方は小剣を使って結びあげます。

出典: 【ネクタイの結び方5】クロスノット [スーツ・ジャケット] All About

ネクタイの結び方その6 ダブルクロス

セミウィンザーノットの二重巻きです。ノットはかなり大きく、横型の二等辺三角形に仕上がります。

出典: 【ネクタイの結び方6】ダブルクロス [スーツ・ジャケット] All About

ネクタイの結び方その7 オリエンタルノット

ノットが小さく仕上がるので、ニットタイやウールタイなど、厚手のタイを小さいノットに結ぶのに適しています。

出典: 【ネクタイの結び方7】オリエンタルノット [スーツ・ジャケット] All About

ネクタイの結び方その8 ブラインドフォールド

プレーンノットを結んで、最後に大剣をくるりと返してノットを隠してしまいます。見え方はノットがなく、まるでスカーフかアスコットタイのようです。

出典: 【ネクタイの結び方8】ブラインドフォールド [スーツ・ジャケット] All About

ネクタイの結び方その9 ドレスダウンプレーンノット

ノットは無造作に結ぶのがよいとされており、左右非対称なプレーンノットが人気です。

出典: 【ネクタイの結び方9】ドレスダウンプレーンノット [スーツ・ジャケット] All About

ネクタイの結び方その10 バルーンノット

プレーンノットの上部に大剣を引き出してロールを作り、「バルーン(風船)」のように見せる結び方です。遊び心がありますね♪

出典: 【ネクタイの結び方10】バルーンノット [スーツ・ジャケット] All About

ネクタイの結び方その11 変形プレーンノット

ノットを作ってからタイを首に掛ける結び方です。「プレーンノット」という名称ですが、仕上がりは「オリエンタルノット」と同じになります。

出典: 【ネクタイの結び方11】変形プレーンノット [スーツ・ジャケット] All About

結局どうちがう? どの結び方がいいの?

超基本の「プレーン・ノット」と、フォーマル系の「ウィンザー・ノット」の使い分け

プレーン・ノットは、おそらく日本の男性に一番愛用されている簡単、シンプルなネクタイの結び方で、ウィンザー・ノットは英国調のフォーマルなスタイルによく合う結び方です。

出典: 知っておきたいネクタイの結び方 その1 (全文) [スーツ・ジャケット] All About

超基本からのアレンジ「ダブル・ノット」と、セミフォーマルな「セミ・ウィンザー・ノット」の使い分け

いつもプレーン・ノットでは平凡すぎるし、ウィンザー・ノットは締めるのが難しくて大変と言う人のために、知っておけば役立つのネクタイの結び方を2つお教えしましょう。まずは、プレーン・ノットをひとひねりした結び方、ダブル・ノット。そして、次にご紹介するのがウィンザー・ノットを簡単にしたセミ・ウィンザー・ノットです。

出典: 知っておきたいネクタイの結び方 その2 (全文) [スーツ・ジャケット] All About

上級者は、ディンプルとシャツとの相性にもこだわりたい!

襟タイプとネクタイの結び方の関係

ネクタイを綺麗に結ぶことで、スーツの着こなし度はぐんとアップします。シャツや襟タイプによって違う、ネクタイの結び目・結び方のコツを紹介します!

出典: 綺麗に見える、ネクタイの結び方と襟タイプの関係 [スーツ・ジャケット] All About

ディンプルのきれいな作り方

何気なく首もとにかざすネクタイ。できる男、色気のある男はそんな細部へのこだわり、気づかいがみてとれる。上質のネクタイ選びと合わせて、高等なネクタイテクとしてディンプルの作り方も覚えておきましょう。

出典: ネクタイの選び方、ディンプルの作り方 [スーツ・ジャケット] All About