1.「恋人GPS」「束縛ツール」としてSNSを使うのはNG

「あれ、連絡こないけどログインしてる…」「●●ちゃんと一緒に居たの!?」など、SNSの投稿や履歴を見て、すねたり疑ったりするのはやめましょう。あらぬ疑いや束縛に、恋人が疲弊してしまいます。

出典: 束縛は愛じゃない!恋人への執着を手放すには [島田佳奈の恋愛コラム] All About

2.恋人を放置してSNSにのめり込むのはNG

デート中などの一緒にいるときに、恋人そっちのけでアクセスしまくるのはNG。「せっかく一緒にいるのに…」とがっかりされてしまいますよ!

出典: SNSで大切なのは、透明性と自ら異性と関わらないこと [恋愛] All About

3.コメントしあう異性との関係はハッキリさせておく

SNS上ではフラットに様々な人とコメントをやりとりしがちですが、話している異性がどんな人なのかは、なんとなく恋人に伝わるようにしておきましょう。「よく話してるこいつ誰だ?」と余計な疑問を持たれるとややこしいことになります。

出典: SNSの利用で周囲に気をつけるべき3つのこと [恋愛] All About

4.恋人についての投稿は、許可をとってから

デート中の写真や、もらったもの、うれしかったエピソードなど、ついついのろけたくなってしまいますが、恋人のプライバシーも考慮して事前に確認してから投稿するようにしましょう。

出典: 自分一人の世界に入り込まない! [恋愛] All About

5.明らかに恋人に向けた愚痴の投稿は周囲が引く!

SNSで特定の人の愚痴を言っている人がいますが、とってもイタい! 特に、恋人の愚痴などは共通の知り合いもいますから「直接言えばいいのに…」とウンザリされてしまいます。万が一、恋人が気づいても「重い…」と思われてしまうことも。

出典: 2/4 恋を遠ざける!SNSかまってちゃんのNG行動 [相沢あいの恋愛コラム] All About