保育園・幼稚園でかかるお金

産まれると数年のうちに始まる教育費負担。それが保育園や幼稚園です。また、習い事も早くから始める人も少なくありません。一体どのくらいかかるのでしょうか?

幼稚園、保育園ともに年間50万円以上かかることも

一般的に貯め時と言われる乳幼児期ですが、保育園や幼稚園でかかるお金は意外とあなどれません。ママが働く場合、保育園に限らず、延長保育を使って幼稚園に預けるケースもあります。

出典: 幼稚園と保育園にかかるお金の違い [学費・教育費] All About

乳幼児期に習い事をする人も増えています

子どもに人気の習い事と、習い事にかかるお金のデータを紹介。たとえば人気のピアノは、都内だと毎月2万円かかることも。家計管理のためにも、どのように習い事を選べばいいのか、コツを押さえておきましょう。

出典: 子どもの習い事、限られた家計の中からどう選ぶ? [学費・教育費] All About

やっぱりお受験も気になる! 幼児教室の月謝は3万〜6万円!?

首都圏では小学校受験を検討する家庭も多いです。一般に受験塾は、通う子どもの年齢が下がるほど費用が高くなる傾向にあり、小学校受験のための幼児教室の費用は相当なものです。

出典: 小学校受験の幼児教室でかかるお金 [学費・教育費] All About

国際的な子に育てたい!プリスクールの費用も気になります

全国に300以上あるプリスクールは、英語教育に熱心な家庭が通学を検討する教育施設のひとつです。年額150万円かかるところもあるようです。

出典: プリスクールにかかるお金は年間100万円!? [出産・育児費用] All About

小学校でかかるお金

まだまだ貯め時の小学生時期、中学以降の教育費を準備できるよう、使い過ぎないことが大切です。

ピカピカの1年生になる嬉しさのあまり、入学準備費用がかさむことも

入学準備で費用がかかる代表的なアイテムはランドセル。ガイド自身が購入したランドセルは約4万5000円でした。 小学校の入学準備は気がつくとお金がかかりすぎるので注意が必要。予算内で収めるためのポイントとは?

出典: 小学校の入学準備にかかるお金 [学費・教育費] All About

公立だってタダではありません。年間10万円近くかかります

公立小学校の教育費は「タダ」と思っていませんか? たしかに授業料は「タダ」ですが、給食費や教材費など、公立小学校でも意外が費用がかさむのです。

出典: 大誤算?!意外とかかる公立小学校のお金 [学費・教育費] All About

やっぱり私立は公立より高い! 約100万円の差

習い事まで含めると、年間の学習費が約30万円の公立に対して、私立は130万円以上かかります。その差なんと100万円!

出典: 2/2 小学校でかかる学費とお金 [学費・教育費] All About

働くママは学童のコストも気になるところ

働くママにとって、子どもが小学生になったら心配なのが学童保育の問題。自治体や形態によって、月額5000円から1万5000円以上かかるところなど、コストに幅があります。

出典: 働くママ必見! 小学校の学童保育にかかるお金 [学費・教育費] All About

中学校でかかるお金

中学に入ると、塾や本格的な習い事が始まるなど、学費以外の支出が小学校時期より増えます。そのため、上手に家計管理をしないと貯金ができなくなるおそれもあります。

公立は年間約47万円、私立は約127万円

中学校でも公立と私立の差は歴然。年間でかかるお金は効率が約47万円、私立が約127万円と、約3倍近くも違います。

出典: 中学校でかかる学費とお金 [学費・教育費] All About

中学からは塾代もかかってきます

中学生になると高校受験や大学受験、または補習のために塾に通う子が増えます。塾代は年間25万円近くかかるというデータも。

出典: 3/3 公立中学生の7割強、私立でも5割超が塾に通っている! [学費・教育費] All About

高校でかかるお金

高校は義務教育でないため、以前は授業料がかかっていましたが、現在は公立高校で無償化されています。しかし、平成26年(2014年)4月からは所得制限が導入されるため、公立でも授業料がかかる場合が。大学入学まであと少し。大学入学時に必要なお金を計算し、高校の間にしっかりお金の管理をしておきましょう。

公立は年間約39万円、私立は約92万円

高校でも公立と私立の差は3倍近くにのぼります。特に大学受験のための塾代が学校外学習費の多くを占めるようになります。

出典: 高校でかかる学費とお金 [学費・教育費] All About

公立高校の授業は0円。でも、2014年4月以降は所得制限が

平成22年度に導入された高校授業料の実質無償化制度に、平成26年度から所得制限が設けられることに。高校無償化の概要と、所得制限によってどんな影響が出るのかは、リンク先の記事でチェック!

出典: 高校無償化に所得制限導入、年収910万円以上は除外 [学費・教育費] All About

もちろん大学受験だってお金がかかる!

いまや高校の卒業生の半分以上が大学に進学する時代、高校生の間に通う塾や予備校の費用が気になりますよね。年間40万〜100万円前後が相場のようです。

出典: 大学受験の塾・予備校でかかるお金 [学費・教育費] All About

大学でかかるお金

教育費の一番の山場であり、正念場である大学時期。一般的にはここが教育費のゴールです(大学院に進学する場合もありますが……)。早くから目標を立てて貯めるためにも、大学でかかるお金を知っておきましょう。

自宅から通っても、私立文系で年間約147万円、国立は約112万円

実は私立文系・理系よりも、自宅・自宅外とも国公立のほうが入学までにかかる費用はかさみます。また、自宅から通う私立より自宅外から通う国公立のほうが高くなるなど、大学でかかるお金は奥が深いのです。

出典: 入学前にチェック!大学4年間にかかるお金 [学費・教育費] All About

専門学校でかかるお金

意外と知られていないのが専門学校の費用。高校の卒業生の6人に1人が専門学校に進学しているといわれています。

専門学校は意外と高い。初年度は約80万〜180万円かかる

就職環境が厳しい時代からなかなか抜け出せない日本。そんな中、手に職をつけようと専門学校に進む学生も多いようです。専門学校の多くが私立で、意外と費用が高いことをご存知ですか?

出典: 専門学校でかかるお金 [学費・教育費] All About