まずは基本をチェック!

写真撮影をする上でのポイント

まずは「落ち着いて撮影する」「被写体に向けてピントを合わせる」など、写真撮影の基本を押さえましょう。特に動いているお子さんを写真に収める際には、これらのことに注意して撮影してみてください。

出典: スマホにもデジカメにも通じる「良い写真」撮影法 [写真撮影] All About

背景をボカしてプロの写真っぽく

背景をボカすことも、プロっぽい写真を撮るコツ。一生に一度のイベントですから、カッコイイ写真を撮りたいものですね。

出典: 絞りで背景ボケをさせる写真テクニック [写真撮影] All About

うちの子もモデル並みに!

連写モードで動作をナチュラルに

どうせ撮るならモデル並みに! ということで、ここではお子さんをステキに撮影するポイントを紹介します。例えば連写モードを使えば、よく動き回るお子さんでも豊かな表情を逃さずにカメラに収められます。

出典: うちの子もモデルのように写す撮影ワザ [写真撮影] All About

なるべくフラッシュは使わない

フラッシュがないと暗くて撮れないという場合を除き、なるべくフラッシュは使わないようにしましょう。フラッシュを使うと、表情がどうしても凍りついた感じに写ってしまいます。

出典: こどものイキイキ笑顔を撮ろう [写真撮影] All About

卒業式を手ブレなく撮ろう

式典では三脚の使用ができない場合が多いと思います。デジカメの手ブレ補正機能を使うこともできますが、「ISO感度を上げる」「レンズの絞り値(F値)を開放値に設定する」などして手ブレを抑制可能です。

出典: 思い出を残す、卒入式写真を撮るポイント [写真撮影] All About

iPhoneで写真を撮ったら

撮った写真をiPhoneアプリで加工しよう!

iPhoneで写真を撮ったら、アプリを使って写真を加工してみましょう。ここでは、簡単に加工ができて、かつそれなりの写真に仕上げられる2つのアプリを紹介します。

出典: 初めてiPhoneの写真加工をする方へ捧げる2つのアプリ [写真撮影] All About

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項