そもそも敷金ってなぜ払ったんだっけ?

敷金は家主への「保証金」

家を借りるときに、ほとんど必要になる「敷金」。退去の際に家主と問題になる点の多くが、この敷金に関する問題です。

出典: これからの敷金はどう変わる? [部屋探し・家賃] All About

本来「敷金」とは退去するときに全額返還されるものです。

リンク: 「敷金」を考える~トラブルになる原因はここにある! [部屋探し・家賃] All About

退去するとき発生する、入居者の原状回復義務による修理負担分を、この敷金で精算することも行われます。

リンク: 敷金・礼金ゼロは借りても大丈夫?その違いと危険性 [部屋探し・家賃] All About

礼金との違いは?

「敷金・礼金、一ヶ月分」などの記述をよく見かけますが、この2つは何が違うのでしょうか。

出典: 敷金・礼金ゼロは借りても大丈夫?その違いと危険性 [部屋探し・家賃] All About

どういうことでトラブルになりやすいのか?

例えば『畳やクロスも新しくしてもらわないと困る』という大家さんや管理会社に対し、『わざと汚した訳じゃない』と借りる側は主張するためトラブルになりやすい

リンク: 敷金が戻ってくる賃貸契約&暮らし方 [住宅購入のお金] All About

原状回復の基準が明確で無いために、起こりやすいトラブルです。

キーワードは「原状回復義務」

敷金問題は賃貸のトラブルの代表名詞にもなっていますが、なぜトラブルになるのでしょうか?その原因を探ることで、敷金の本質を考えてみましょう。

出典: 「敷金」を考える~トラブルになる原因はここにある! [部屋探し・家賃] All About

原状回復義務ってなに?その基準は?

原状回復とは、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること

リンク: 「敷金」を考える~トラブルになる原因はここにある! [部屋探し・家賃] All About

原状回復に関する主な考え方は、「ふつうの暮らしをしていて汚れた自然損耗分をきれいにするのは大家さん、故意・過失によって汚れたり破損したものを修繕するのは借主」というもの。

リンク: 再改訂された原状回復ガイドラインとは? [部屋探し・家賃]All About

国交省が定めたガイドラインがある!

敷金の問題がトラブルを起こしやすい原因は、どの修繕を誰が負担するのかの明確な基準がないことです。しかし、国交省のガイドラインによって、ある程度の指標は出ています。その基準を知っておくと、理不尽な請求に対して言い返すことができます。

出典: 「敷金」を考える~借主が負担するべき原状回復は? [部屋探し・家賃] All About

原状回復は、入居前の状態に戻すことではない!

リンク: 退去シーズン到来!原状回復のポイントは? [土地活用のノウハウ] All About

「経年変化」「通常損耗」まで請求されたら、戦おう!

入居時にもらう「賃貸借契約書」を読み返すことが大事

「賃貸借契約書」にも記載されていない分まで、原状回復費用として敷金から引かれているかもしれません。「もしかしたら他の人より汚しているのかも…。」などと弱気な気持ちは捨てて、「なぜこの値段がかかるのか」ハッキリさせましょう。

出典: 2/3 敷金トラブルを未然に防ぐ契約時の注意点 [部屋探し・家賃] All About

近年では原状回復トラブルを未然に防ぐためには、最初に交わす賃貸借契約がいかに重要であるか、と言われています。

リンク: 2/2 「敷金」を考える~借主が負担するべき原状回復は? [部屋探し・家賃] All About

借主がクリーニング費用を負担するという特約は有効?

原則として借り主はクリーニング費用を払う必要はありませんが、ケースバイケースで結論が変わってきます。

出典: 2/2 敷金トラブル! どうすればいい? [暮らしの法律] All About