丁寧な言い回し

上から目線になっていませんか?

「要回答」「締切厳守」はきつい印象を与えますので、丁寧な言い回しに変えましょう。文末でいえば、指示命令形「~してください」を依頼形「~してくださいますか」に変えるのも一案です。

出典: 上司に聞いた! 部下の困ったメール [ビジネス文書] All About

食事後のメール

「また誘ってください」で済ませていませんか?

「次回は私からも誘わせてください」などがベスト。お礼メール1通で、あなたもファンを増やしたり、人間関係を豊かにすることができます。

出典: 上司が喜ぶ! 食事後のお礼メール [ビジネス文書] All About

遅くとも24時間以内にメールしましょう。

お礼メールはスピードが大切。そこで遅くても24時間以内に送りましょう。逆に2~3日後に送ったのではお礼の気持ちが伝わりません。お礼メールはスピード+文面がセットになって、はじめて威力を発揮するのです。

出典: 愛される! 食事後のお礼メール [ビジネス文書] All About

相手に謝るときのメール

謝罪の気持ちを伝えることが大切です。

お詫びメールは言い回しを丁寧にし、気持ちを届けましょう。あなたの気持ちが伝われば、きちんとお詫びすることができます。

出典: 許してもらえる! お詫びメールの書き方 [ビジネス文書] All About

贈り物をもらったときのメール

物より心遣いに感謝することです。

もしあなたが贈り物をもらったのなら、スマートなお礼メールを送りましょう。文末は「近いうちに旅の話をお聞かせください」など、最後の最後まで心遣いをすることを忘れずに。

出典: スマートに伝える! 贈り物のお礼メール [ビジネス文書] All About